のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【アマゾンズ/グラブル】小林太郎の身長や現在は? 名曲、人気曲、代表曲やおすすめアルバムを紹介

小林太郎アマゾン

グランブルーファンタジー(グラブル)での「Paradise Lost -Avatar Battle」タイアップや仮面ライダーアマゾンズの主題歌「Armour Zone」「DIE SET DOWN」を担当した小林太郎。2018年現在アマゾンズの方は劇場版「THE MOVIE 最後ノ審判」が公開されておりなかなか好調な模様。

Armour Zone

Armour Zone

  • provided courtesy of iTunes
DIE SET DOWN (No F.O. Ver.)

DIE SET DOWN (No F.O. Ver.)

  • provided courtesy of iTunes

 

劇場版仮面ライダーアマゾンズではNoBとともに一時的ではあるが"Project.R"として「EAT, KILL ALL」で作品に参加している。

EAT, KILL ALL

EAT, KILL ALL

  • provided courtesy of iTunes

 

今回はアマゾンズともども小林太郎にもっともっと注目していただくため、彼の魅力をたっぷり紹介していきます。

 

小林太郎とは?

1990年生まれの28歳(2018年6月現在)

小林太郎がまだ10代の高校生だった頃「ストリートファイターズ」というストリートミュージシャンを紹介するテレビ番組のコンテスト形式の企画ライブがあった。

そのライブにてバンド「小林太郎とマサカリカツイダーズ」として出演。見事優勝を果たし知名度を上げる。

 

その後、高校を卒業しソロ活動をスタート。ソロ活動中に再度別のバンド「小林太郎とYE$MAN」を結成。紆余曲折を経てまたまたソロに戻り現在に至る。

 

--------------

 

小林太郎には個人的にバンドを組んで活動してもらいたいが、本人は今後もソロでやっていくつもりのようだ。彼がソロで活動するデメリットととしてはやはり名前が・・・

 

小林太郎」という名前。彼を知らない人がその名前を聞いたら、まさかゴリゴリのロックをやっている兄ちゃんだとはまさか思わないでしょ(笑)私も初めて名前を聞いた際は「どこの演歌歌手だ?」と思ったくらいだし(笑)

 

 

小林太郎の身長は?

小林太郎の身長は公式に明らかになってはいない。私がイベント等で"生"小林太郎を拝見した際の感覚だが、175cmは確実にあったと思う。175~180cmといったところではないだろうか。いずれにせよ意外とがっしりしていて大柄な体格なのは間違いない。

 

 

小林太郎の現在は?

現在は自身のレーベル「MOTHERSMILK RECORD」を立ち上げ精力的に活動中。

2018年5月には2年半ぶりのEP「SQUEEZE」が発売された。


SQUEEZE [ 小林太郎 ]

 

 

小林太郎の音楽ジャンルは?

 

基本的にはハードロックやガレージロックなど力強いリフを主体とした男臭いサウンドが得意。ソロ転向して間もない頃はファッションなどからもNIRVANAカート・コバーンの影響が強く見られるようにグランジっぽい曲も好んで作曲している。

 

その骨太な音楽性は、しゃがれた声でのシャウトを駆使した圧巻のボーカリゼイションと相まってデビューから一貫してストロングスタイルな印象。

 

だが "ハード" "ヘヴィ" 一辺倒ではなく、サビはもちろん楽曲全体に口ずさめるキャッチーなメロディを盛り込み、幅広いリスナーに訴求できるセンスの良さもある。

 

歌詞は丁寧に言葉を選び、日本語にこだわったメッセージ性のある楽曲が目立つ。

 

正直、現在の邦楽ロックシーンではまったく流行っていない音楽ジャンルで勝負している小林太郎。だがギターを抱えた佇まいのカッコよさや楽曲のクオリティは若手の中でも群を抜いているし唯一無二の存在感を放っている。

 

あそこまでカッコよくギターを鳴らせる20代はなかなかいない。

 

小林太郎の生み出す楽曲を聴くといつも感じるが、どれも完成度がずば抜けている。音自体もれなくカッコいいのだが、思わず一緒に歌いたくなるメロディセンスがすごい。そうした曲のクオリティはデビューから一貫している。彼は音楽をやるために生まれてきたのだと思うし、まさに天賦の才能。

 

小林太郎は、アマゾンズやグラブルのタイアップ、サマソニやロッキンジャパンなど大型フェスに出演しているものの、知名度や売り上げはまだまだ振るわずファンとしては寂しい限りだ。

 

だが何かのきっかけで大ブレイクする可能性を秘めていると信じている。不世出のロックスターであることは間違いない。

 

知れば知るほどそのカッコよさに痺れる小林太郎。 多くのロックリスナーに彼の魅力を何としても伝えたい。次からはおすすめの曲や代表曲を紹介していこう。

 

 

IGNITE(収録アルバム:IGNITE

「IGNITE」MV | 小林太郎

IGNITE

IGNITE

  • provided courtesy of iTunes

 

イントロのヘヴィなギターが下っ腹にガツンと来る、とにかく男臭い一曲。

サビは思わず口ずさんでしまうグッドメロディ。

ハーレーをフューチャーしたMVもカッコいい。

 

 

収録されたCDは7曲入りのミニアルバム


小林太郎 コバヤシタロウ / IGNITE 【初回限定盤】 【CD】

 

 

答えを消していけ(収録アルバム:tremolo)

「答えを消していけ」PV | 小林太郎 

答えを消していけ

答えを消していけ

  • provided courtesy of iTunes

 

「嫌なんですよ」「消して消して」「超えて超えて」というフレーズが繰り返される強烈なメッセージソング。

 

イントロのブリッジミュートを駆使したヘヴィなバッキングが心地よい。

 

小林太郎は "反骨精神の化身" と時折メディアで紹介されていたが、こうした楽曲が彼のイメージを決定付けたのだろう。

 

 

収録アルバムはメジャー1stフルアルバム「tremolo」


【送料無料】 小林太郎 コバヤシタロウ / tremolo 【CD】

 

 

飽和(収録アルバム:MILESTONE)

「飽和」PV | 小林太郎

飽和

飽和

  • provided courtesy of iTunes

 

個人的にこのMVの小林太郎は最高に男前。非常にスケールの大きなロックンロールナンバー。

抑え気味のAメロからサビで爆発する圧倒的な解放感がたまらない。

 

 

鴉(収録アルバム:MILESTONE

「鴉」PV | 小林太郎 

鴉

  • provided courtesy of iTunes

 

こちらも先ほどの「飽和」とともに「MILESTONE」に収録。小林太郎にしか出せない独特の哀愁を帯びたミディアムチューン。

 

満たされない感情や孤独を表現した歌詞にぜひ注目してほしい。20代にしてこんな曲が書けてしまう小林太郎。いったいどんな人生を歩んできたのか非常に興味が湧く。

 

 

収録CDは7曲入りのメジャー1stミニアルバム「MILESTONE」


MILESTONE [ 小林太郎 ]

 

 

 

Damn(収録アルバム:DOWNBEAT)

「Damn」MV | 小林太郎

Damn

Damn

  • provided courtesy of iTunes

 

それまでの小林太郎のイメージからは想像できないダンスミュージックを軸に据えた賛否両論のミニアルバム「DOWNBEAT」に収録されたエレクトロなナンバー。

 

"ハードロックな小林太郎"を求める古参ファンからは酷評だったが、ボーカリゼイションはもちろん随所でうなりを上げるギターなど小林太郎の色が無くなってしまったわけではない。新たな小林太郎を見せつけたサウンドは十分にカッコいい。

 

 

収録アルバムは7曲入りミニアルバム「DOWNBEAT」


DOWNBEAT [ 小林太郎 ]

 

 

円舞曲(収録アルバム:DANCING SHIVA)

小林太郎_円舞曲

円舞曲

円舞曲

  • provided courtesy of iTunes

 

小林太郎の持つソングライティングスキルがいかんなく発揮されたパワーバラードの名曲。ただただ泣ける。

 

 

 

 収録アルバムはインディーズ1stフルアルバム「DANCING SHIVA」


DANCING SHIVA [ 小林太郎 ]

 

 

リバース(収録アルバム:Orkonpood)

MVがなっかたのでこちらで↓

リバース - 小林太郎

リバース

リバース

  • provided courtesy of iTunes

 

 

「リバース」圧巻のライブ映像↓(SWEET LOVE SHOWER 2010 より)

リバース(ライブ動画)|小林太郎

 

イントロのカッティングがカッコよすぎて、いきなり曲の世界観に引きずり込まれる。このリフは小林太郎の楽曲の中でも、個人的にかなりクオリティの高いフレーズだと思う。言葉で語るのが野暮になるくらい、ただひたすらにカッコいい曲。

すべてのロックファンにすすめたい。

 

 

収録アルバムはインディーズ1stミニアルバム「Orkonpood」


Orkonpood [ 小林太郎 ]

※↑こちらに収録された今回ご紹介の「リバース」という楽曲、全国流通版のボーナストラックなので、見た目が同じ「Orkonpood」でも収録されていない場合があります。CDを購入される際は収録曲の確認必須です。お間違えないように!

 

 

花音(収録CD:URBANO)

 「花音」MV | 小林太郎

花音

花音

  • provided courtesy of iTunes

 

大胆にピアノやストリングスを導入した新機軸のバラードナンバー。花になぞらえて人生の儚さや運命をつづった歌詞に心が震える。ゴリゴリのロックだけではなく、こうしたしなやかな楽曲もサラッとこなす小林太郎のセンスには脱帽させられる。

 

 

収録アルバムはメジャー2ndフルアルバム「URBANO」


URBANO (初回限定盤 CD+DVD) [ 小林太郎 ]

 

 

Jaguar(収録CD:SQUEEZE)

「Jaguar」MV | 小林太郎

Jaguar

Jaguar

  • provided courtesy of iTunes

 

2018年に心機一転、自主レーベルからリリースされた「SQUEEZE」収録のナンバー。

 

仮面ライダーアマゾンズ」シリーズにて"駆除班"として活躍した3名が出演するドラマ仕立てのMVに目を奪われるが、楽曲自体は王道の小林太郎節が炸裂する原点回帰の痛快なハードロック。

 

 

収録CDは5曲入り2018年最新EP「SQUEEZE」


小林太郎 コバヤシタロウ / SQUEEZE 【CD】

 

 

小林太郎 どのアルバムがおすすめなの?

ダンサブルな要素を持つ「DOWNBEAT」は好みが別れる可能性があるので今回は選考から除外。そうは言っても各楽曲のクオリティは高く歌ものとして見ても、多くのリスナーに訴求できる名盤には違いない。「Damn」が気に入ったのならアルバム「DOWNBEAT」は愛聴盤になるはず。

 

というわけで、小林太郎のおすすめアルバムを「DOWNBEAT」以外から選んでみよう。

 

何を重要視するかで「おすすめ」が変わってくるのだが、やはり小林太郎の持つロック然とした雰囲気やダイナミズムに酔いしれてほしいので、他のアルバムと比較して総合的に鑑みた場合バラエティに富んだ1stフルアルバム「tremolo」をすすめたい。


tremolo [ 小林太郎 ]

 

 

小林太郎よ もっと売れろ!

グラブルやアマゾンズで多少知名度が上がったかと思いきや、本当に悲しくなるほど売れる気配はない。なぜなんだろう・・・

 

やはり日本ではある程度オシャレで流行りの音楽をやっていないと売れないものなのか。流行っていた頃(今も多少流行ってるが)に"四つ打ちロック"でもかましていれば少しはマシだったのかななんて思うけど、小林太郎ファンはそんなものは求めていないだろうし。

 

最近ブレイクしたと言えば「suchmos」だが、今の時代にアシッドジャズですよ。たしかにオシャレだけどどうして今のタイミングで流行るかね。まぁどんな物でも流行は再び巡ってくるし、グランジやハードロックが再注目されないとも限らないので、その日を心待ちして応援していこうと思う。

 

これほどの才能があるのに現状ではまったく売れていないのが寂しいけれど、小林太郎にしか鳴らせない骨太なロックでぜひ天下を取ってもらいたい。