のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【全曲レビュー・感想】ジラフポットの「Twelve Typewrite」がかっこいいのでおすすめしたい

ジラフポット Twelve Typewrite

関西の3ピースバンド「ジラフポット」が2017年12月にリリースしたミニアルバムがめちゃくちゃかっこいい。タイトルは「Twelve Typewrite」

 

ジラフポットの詳細は別のエントリーで解説したのでぜひご覧ください。

nro-nit.hatenablog.jp

 

 

今回ご紹介したい「Twelve Typewrite」は2018年6月現在ジラフポットの最新作に当たる。ミニアルバムということで収録されたのは6曲と控えめだが、どの曲も濃密で「これぞジラフポット!」といった世界観を十二分に堪能できる24分だ。

 

そんな「Twelve Typewrite」を全曲レビューしてみる。


Twelve Typewrite [ ジラフポット ]

 

 

01.United States of Vampire

United States of Vampire

United States of Vampire

  • ジラフポット
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 

「Twelve Typewrite」のしょっぱなを飾るこの曲はイントロからゴリゴリのリフで攻め立てる非常に勢いのあるナンバー。あまりの音圧に聴いた瞬間ニヤッとしてしまった。

 

ジラフポットはハードな楽曲にも定評があるが、この曲は過去の作品と比べても攻撃性が高い。

 

随所に挿入されるコーラスワークも秀逸で聴く者の心を躍らせてくれる。

1曲目を飾るにふさわしい文句なしのキラーチューン。

 

 

ちなみにこの曲のイントロ、B-DASH「炎」のイントロに似ている

B-DASH-炎

B-DASHも大好きなバンドです。

 

 

02.青を込めて

青を込めて

青を込めて

  • ジラフポット
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

いわゆるギターロックなのだがシャープなギターが圧倒的な疾走感を生んでいて聴いていて非常に心地よい。後半の吐き出すようなボーカリゼイションも素晴らしい。

 

サビの解放感が最高にカッコいい珠玉のナンバー。

 

 

03.Sweat shop

Sweat shop

Sweat shop

  • ジラフポット
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

町の喧噪のようなSEで幕を開けるエレクトロなナンバー。

サカナクションにも通じる独特な浮遊感を持っておりジラフポットの中でも異質な曲。

ただの模倣に終わらせないのは彼らのセンスがなせる技。

 

 

04.PSYCHO FACTOR II

PSYCHO FACTOR Ⅱ

PSYCHO FACTOR Ⅱ

  • ジラフポット
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

サビで繰り返されるフレーズがクセになる一度聴いたら忘れられないキャッチーなナンバー。

とにかくロックでカッコいい曲。

個人的に「Twelve Typewrite」でのフェイバリット。

 

 

05.getaway

getaway

getaway

  • ジラフポット
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

「Twelve Typewrite」唯一の"聴かせる"ミディアムナンバー。

一服の清涼剤としてラストにつなげる良い仕事をしている。

 

 

06.R.I.P.

ジラフポット - R.I.P.

 

R.I.P

R.I.P

  • ジラフポット
  • J-Pop
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 

 「Twelve Typewrite」ラストを飾る非常にエモーショナルなナンバー。

 

胸を締め付けるサビのフレーズが印象的で全体的なスケール感が圧倒的。

ギターが疾走する中、鍵盤で締めるラストも最高。

 

作品のリリースごとに着実な進化を重ねるジラフポットの神髄ともいえる名曲。

 

 

「Twelve Typewrite」のおすすめポイント

毎回素晴らしい作品を世に送り出す3人だが、今回全6曲と控えめながら最新型のジラフポットを十二分に体感できる。

現時点でのジラフポット最高傑作であり文句のつけどころがない完全無欠の名盤。

 

ロックビギナーはもちろんロックファン全方位に訴求できる魅力を持った作品ではあるが、ありきたりなギターロックに辟易している耳の肥えたリスナーにこそ触れてもらいたい、そんな作品だ。

 

 


Twelve Typewrite [ ジラフポット ]