のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

ELLEGARDEN復活に湧く世の中だが、この間違いだけは訂正したい

2018年5月10日 ELLEGAEDENが10年ぶりに復活するという発表がロックファンに衝撃を与えた。

 

ELLEGAEDENというバンド。邦楽ロックを満遍なく聴いてきた私は当然通ってきましたし、いまだにアルバムも良く聴いているくらいお気に入りです。

なので今回のELLEGAEDENの復活は、歓喜の雄叫びを上げたくなるほど喜ばしいニュース。というか実際「まじでかぁぁぁぁ!!」っつってPCの前で大声出してたな(笑)

 

ネットのあちこちではもちろん、もはや社会現象にもなりかけているELLEGAEDENの復活ですが、今回の記事では「ELLEGAEDENに関してどうしても訂正したい間違った認識」があるのでこの場を借りて言わせていただきたい。

 

 

 ELLEGAEDENの音楽ジャンルについて

ELLEGAEDENについて訂正したい事というのはタイトルにもあるように彼らの"音楽ジャンル"

さまざまなメディア、個人ブログでたびたび目にする彼らのジャンルに関する記述。そのほとんどが間違っていると思います。

もっとも音楽ジャンルなんていうのは分けること自体がナンセンスだし、分けるにしたって曖昧で本当の正解はないのかもしれない。

 

心の片隅にはそんな思いもあるので、細かい話をしているというのは重々承知しています。

 

「カッコよければジャンルなんて関係なくね?」というよくある意見にも賛成です。

 

アーティスト本人だってジャンルなんてどうでもいいと思っているかもしれません。

 

でも、ELLEGARDENは本当に大好きなバンドだし、様々な音楽に触れてきた自分だからこそ、ここだけは絶対に譲れないしこだわりたい。

 

というわけで結論から。というか今回はこれが言いたいだけ。

ELLEGAEDENはメロコアじゃない。

 

 

断っておきたいですが、メロコアを否定する気持ちは微塵もありません。むしろメロコア自体は好物。ハイスタの復活にはもちろん涙しましたよ。最近では「04 Limited Sazabys」「WANIMA」に勢いがあって嬉しい限り。

 

じゃあ何が気に食わないのかというと、多様な音楽性を持つELLEGARDENメロコアというイメージで語られてしまうことに違和感を覚えるのです。

やっぱりどこまでいってもメロコアという音楽は、良い意味でも悪い意味でも"軽い"イメージが付きまといます。本来はそんなことありませんけどね。

 

ただ一般的なメロコアのイメージとしてはチャラいとか頭悪そうとか。いわゆる「パリピ」じゃないですけど、そういった認識で未だに語られることがあります。

メロコアにはこうしたパブリックイメージがあるので、そうなると私が思い描くELLEGARENのイメージではなくなってしまうんです。

 

私としてはELLEGARDENのジャンルはオルタナティブロックだと思っています。オルタナティブロックの一般的な定義は「型にはまらないロック」「異質なロック」といった感じ。

 

ELLEGARDENの楽曲のどれもが、どこかのジャンルに無理矢理当てはめようとすれば該当するジャンルが存在するでしょう。そういった意味ではオルタナティブの本来の意味からは遠ざかってしまいます。

 

ではなぜ私はELLLEGARDENがオルタナティブロックだと感じたか?

それはELLEGARDENの4人にしか鳴らせない音をいつもリスナーに届けてくれていたから。

 

 

ELLEGARDENの楽曲で最も聴いたのは「Salamander」

ELLEGARDEN「Salamander」

 

こんな曲を作るバンドがメロコアの範疇で語られるのは無理がある。

 

 

音源だってライブだってELLEGARDENの存在感は唯一無二だった。ELLEGARDENのジャンルは、もはや「ELLEGARDEN」といっても差し支えないくらい。あの4人が揃って音を出す限りそれはきっとこれからも変わらないはず。

 

オルタナティブロックを体現するバンド

それが「ELLEGARDEN

 


ELLEGARDEN BEST 1999-2008 [ ELLEGARDEN ]