のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【全曲レビュー】SHADOWS 「torches」攻めの姿勢を貫いた名盤を紹介したい

SHADOWSが会場限定でリリースした2ndアルバム 「torches」。

 

全12曲で28分31秒というコンパクトにまとめられた作品。テンポよく曲が進んでいくスピード感に溢れた作風のため何周でも聴けてしまう。相変わらずメタリックでパンキッシュでハードコアでギターの音が分厚くてボーカル上手くて文句なしにカッコいいアルバム。前作「illuminate」もかなり満足できる作品だったけど今回の「torches」も相当ヤバい出来。

 

前作「illuminate」のレビューはこちら↓

 

 

今回ご紹介する「torches」、"会場限定"と銘打たれていますが実は配信でも音源は入手可能ですのでライブに足を運べないファンは配信の方でぜひゲットしてください。

 

「torches」itunesはこちら↓

 

「torches」amazonはこちら↓


torches

 

では「torches」全曲レビューいってみましょう。

 

「torches」01. Flare

Flare

Flare

  • provided courtesy of iTunes

重低音なリフの洪水が押し寄せるオープニングを飾るインストナンバー。特にテクニカルなプレイというわけではないがとにかく雰囲気がカッコいい。この腹に来る感じサイコー。曲間を開けず2曲目「Vices」に突入する.

 

 

「torches」02. Vices

Vices

Vices

  • provided courtesy of iTunes

こっからが「torches」本番。早くてやかましくてノリノリな1曲。キレのあるリフは思わず頭を振ってしまうし、後半のテンポダウンしたパートは誰もが拳を突き上げたくなるだろう。

 

 

「torches」03. Still Remember

Still Remember

Still Remember

  • provided courtesy of iTunes

サビで広がる解放感がすばらしい。ギターはゴリゴリだしシャウトもいつも通り入っているけどめちゃくちゃポップな曲。後半部分はライブでのシンガロング必至。ぜひ覚えてライブで歌っちゃおう。

 

 

「torches」04. My Direction

My Direction

My Direction

  • provided courtesy of iTunes

こちらも3曲目「Still Remember」に続きポップなナンバー。スピードを抑えたイントロから跳ねたリズムが心地よいAメロに突入し、その勢いのままサビへ。全編を通しシンガロングパートを備えたライブで映える一曲。

 

 

「torches」05. The Lost Song

The Lost Song

The Lost Song

  • provided courtesy of iTunes

マシンガンのようなキレのあるリフから始まるとにかく早いメロディックハードコアな1曲。このジャンルに馴染みのないリスナ-だと無軌道に暴れまわっている曲に聴こえるだろう。その実、緻密に計算されたリフに、Hiroのボーカルや随所で挿入されるシャウトが絶妙のバランスで曲を構成している。短いながらも非常に完成度の高い1曲。SHADOWSは本当にレベルの高いバンドだと思う。

 

 

「torches」06. Sway

Sway

Sway

  • provided courtesy of iTunes

アルバムリリースに先駆けた配信楽曲。カラフルなギターアレンジが光るミドルテンポのメロディアスなナンバー。他の楽曲同様シャウトが挿入されるがサビのキャッチ―さが際立っているのでアルバム随一の聴かせる曲。

 

 

「torches」07. Overcome

Overcome

Overcome

  • provided courtesy of iTunes

こちらも6曲目「Sway」同様ミドルテンポな曲でメロディアスだが、ハードコアなリフとシャウトが強調されておりよりヘヴィな印象。リフが目まぐるしく変化するので何回聴いても飽きないだろう。

 

 

「torches」08. Under My Skin

Under My Skin

Under My Skin

  • provided courtesy of iTunes

ここから3曲は怒涛のパンクナンバーが続く。

 

全編パンキッシュなリフで構成された爽快感抜群の非常に気持ちの良い1曲。とにかく早い。Aメロに突入後は一切テンポを落とすことなくラストまでノンストップで駆け抜ける。

 

 

「torches」09. Hallucinate

Hallucinate

Hallucinate

  • provided courtesy of iTunes

1分3秒という驚異のハイスピードナンバー。早くて短いけど曲の情報量や密度はかなりのモノ。実際アッという間に聴き終わってしまう曲だけど、緩急をつけたアレンジのおかげで満足度は高い。

 

 

「torches」10. Starting Over

Starting Over

Starting Over

  • provided courtesy of iTunes

9曲目「Hallucinate」よりもさらに短い。驚愕の48秒。9曲目も同じことが言えるが、とにかく早くて"ながら"で聴いていると気付いたら終っている。
こんなに短い曲でもメロディを大切にしていて耳に残る強烈なフックをかましてくるから恐れ入る。

 

 

「torches」11. Stars

Stars

Stars

  • provided courtesy of iTunes

先程までのパンクな勢いから一転、「torches」では数少ないミドルテンポナンバー。高速ナンバーで火照った身体をクールダウンさせ感動のラストへと繋げる重要な役割を持った曲。

 

 

「torches」12. Candles

Candles

Candles

  • provided courtesy of iTunes

タイトルが粋な「torches」ラストを飾るスケールの大きな曲。イントロやAメロが跳ねたリズムで構成されているため前半はライトなイメージも持つが、サビではテンポチェンジや広がりのあるアレンジで歌を聴かせることに成功している。ラストのシンガロングパートは感動的で心地よい余韻に包まれる。アルバムラストを飾るにふさわしい名曲。

 

 

SHADOWS 「torches」は間違いないアルバム

前作「illuminate」は攻撃的な作品だったが、今回の「torches」も負けず劣らずのガンガン攻める非常に尖った作風になっている。なんだか「早い早い」言ってた気がするけど本当に速い曲が多くて、結果的にこんなアホみたいなレビューになってしまった。でも本当に早くてカッコいい曲が多いから絶対に買って損はない。

 

会場限定アルバムだが配信でも入手できるのでライブに行けないSHADOWSファンはぜひとも手に入れてもらいたい。とはいえ、出来ることならライブに参加して生のSHADOWSを感じた上でこのアルバムに触れることをおすすめする。

 

 

あわせて読みたい

前作「illuminate」のレビューはこちら↓

 

「torches」itunesはこちら↓

 

「torches」amazonはこちら↓


torches