のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【邦楽編】2018年 1月~6月マイベストソング11選

2018年も半分終りましたが、半年間でたくさんの名曲に出会えたことは音楽を愛するものとして非常に喜ばしい。

 

というわけで上半期を振り返り個人的に良かったなと思う楽曲を紹介していきたいと思います。2018年にリリースされた作品だけではなく単純に今年手にした音源から抜粋していますので多少古い楽曲も含まれますがご了承ください。

 

これから挙げる曲たちが一曲でもあなたのお気に入りになれば幸いです。

 

 

ROTTENGRAFFTY「寂寞 -sekibaku-」

寂寞 -sekibaku-

寂寞 -sekibaku-

  • provided courtesy of iTunes

2018年にリリースされたROTTENGRAFFTY5年ぶりのNewアルバム「PLAY」収録。

ロットンの王道ともいうべき叫ぶようなボーカリゼイションや疾走するギターをはじめアルバムを心待ちにしたファンの誰もが納得するであろう雰囲気抜群のナンバー。

特にサビのメロディはかつてないほどエモーショナルでライブの定番になるであろうロットン渾身の名曲。最新型のROTTENGRAFFTYを存分に堪能することが出来る。

 

 

本当にこのアルバムは良く聴きました。

 

 

ワルキューレ「Walkure Attack!」

Walkure Attack!

Walkure Attack!

  • provided courtesy of iTunes

正直アニメ本編は微妙だったマクロスΔですが、ワルキューレは音楽性に惚れて死ぬほどハマりました。

 

この曲はワルキューレのデビューアルバムに収録されたスピード感のあるナンバー。ワルキューレは様々な音楽ジャンルに挑戦しているユニットだが、この曲のサビは完全にメロディックスピードメタルの要素を持ち爽快感が素晴らしい。それ以外の部分もメタルの匂いがプンプンするのでワルキューレはボーカルに抵抗がなければガチメタラーにもおすすめ。

 

メインボーカルJUNNAの歌唱力が凄まじく、レコーディング当時14歳というのが信じられない。ワルキューレはアニソン歌手で一応アイドルという触れ込みだが、ここまで歌えるシンガーはアニソン界はもちろんJ-POP界を見渡してみても中々お目にかかれない。化け物。

 

 

小林太郎Jaguar

「Jaguar」MV | 小林太郎

Jaguar

Jaguar

  • provided courtesy of iTunes

 若き天才「小林太郎」が自主レーベルからリリースしたEP「SQUEEZE」収録。

ハードロックを基調とした「これぞ小林太郎」という男臭い1曲。

 

イントロでのキレのある乾いたギターのカッティングが心地よい。そして適度に歪んだ小林太郎ディストーションボイスが縦横無尽に暴れまわる。特にテクニカルなプレイは登場しないがシンプルゆえ飽きの来ない上質なロックナンバー。

 

 

小林太郎については過去の記事で詳しく語っているのでぜひ読んでいただきたい

nro-nit.hatenablog.jp

 

AA= 「ALL ANIMALS ARE EQUAL (re:Rec)」

ALL ANIMALS ARE EQUAL (re:Rec)

ALL ANIMALS ARE EQUAL (re:Rec)

  • provided courtesy of iTunes

THE MAD CAPSULE MARKETS上田剛士率いる「AA=」活動10周年を記念しリリースされた再録アルバム「(re:Rec)」に収録。

 

AA=のバンド名の由来にもなったジョージ・オーウェルの小説「動物農場」に登場する言葉“All Animals Are Equal”からインスピレーションを受けて作られた楽曲。

 

基本的なアレンジは再録前と変わらないがバンドスタイルによる1発録りに近い形でレコーディングされているためデジタルな印象が薄れライブ感が増した。

そのためボーカル白川貴善の息づかいなどがリアルに収録され、その他の楽器の音もより鮮明に生々しく響く。特にドラムの音がはっきり聞こえるのでリズミカルな原曲の良さが際立つナイスなサウンドプロダクション。

 

 

再録前に比べ音圧が多少下がった印象を受けるがライブ感を重視した結果だろう。アルバム全体を通してそうした傾向があるため好みが別れるだろうが及第点以上のアルバムであることは間違いない。 

 

 

NAMBA69「MANIAC」

MANIAC

MANIAC

  • NAMBA69
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 3ピースだったNAMBA69が新メンバーを加え4ピースなった後、リリースされた「Heroes」収録ナンバー。

 

NAMBA69がもともと持っていたメロディックハードコアの成分に、新メンバーがもたらしたポストハードコアの要素が混ざり、1+1=100000くらいになった曲。

メロコア meets ポストハードコア」という邦楽ロックではいままでありそうでなかったジャンルに変貌しており、この路線で突き進んでもらえたら今後が非常に楽しみ。

 

難波章浩のボーカルはそのままなのにアレンジのおかげで凶暴性が何倍にも増しているという点が非常に面白い。パンクの軽さが完全になくなり全くの別のバンドに生まれ変わった。

 

NMABA69については過去記事で熱く語っていますのでぜひ↓

nro-nit.hatenablog.jp

 

チリヌルヲワカ「極楽浄土」

「極楽浄土」チリヌルヲワカ

 

GO!GO!7188のユウ率いる3ピースバンド「チリヌルヲワカ」2018年リリースの9thアルバム「ノンフィクション」収録。

 

まずタイトルに「極楽浄土」と付けるセンスがぶっ飛んでいてたまりません。

 

"チリヌルヲワカにしか出せない音"を常に発信し続けているバンドだが今回も例外ではなく非常に個性的な楽曲となった。

 

ベースの心地よいフレーズから始まり、ギターのファンキーなカッティングで一気に曲の世界観に引き込まれる。

 

曲全体を支配するベースのうねりが秀逸で、ギターアレンジがシンプルゆえ一層際立って聴こえた。シンプル過ぎるドラムは一聴すると味気ないが曲の持ち味を最大限生かすベテランの技が随所に光っている。全体的に音数は少なめで無駄な音が一切含まれていない潔さも曲のカッコよさに繋がっているのではないだろうか。

個性的なメロディを歌うユウのボーカルは相変わらず素晴らしい。チリヌルヲワカの楽曲は皆そうなのだが、この「極楽浄土」も彼女にしか歌えないだろう。ここにきて表現力が上のステージに移行した気がする。本当に気持ちが良い1曲。

 

 

HINTO「DREAMdeath!」

HINTO(ヒント)は元SPARTA LOCALS安部コウセイ率いる4ピースバンド。

 

というかスパルタローカルズなんて今どき誰も知らないよね。

2003年メジャーデビュー。2009年に一度解散して2016年に再結成した、それはそれはかっこいいポストパンクバンドです。

 

 

特に売れた曲はないので代表曲のひとつであるこちらを

SPARTA LOCALS - 『ピース』

 

 

ではHINTOの話に戻ろう。

DREAMdeath!

DREAMdeath!

  • HINTO
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

今回紹介したい「DREAMdeath!」という楽曲はHINTOにしては珍しくメタリックなリフをもつ曲でその意外性からずっと印象に残っていた。

フルで紹介したかったのですがMVがなく、30秒しかお聴かせできないのが非常に残念。

 

 

ちなみにいつものHINTOはこんな感じ↓

night chance

night chance

  • HINTO
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

HINTOの音はジャンル的にいうと"幅広いロック"という感じなのでなんでもありっちゃありなんだけどこの曲のメタルな要素には正直びっくりした。

とはいっても終始メタルというわけではなく曲の中盤はテンポダウンしたオルタナティブなパートもあったりしていろいろな表情が楽しめる1曲。ボーカルの安部コウセイがあえて無感情で唄ったというボーカルパートも聴きどころ。

 

 

邦楽ロック界で類似バンドを探すのが難しい非常に個性的なバンドです。

HINTOは全曲おすすめなので機会があればぜひ聴いてみてください。

 

 

GOING UNDER GROUND超新星

 GOING UNDER GROUND - 超新星

 

一世を風靡したGOING UNDER GROUND。最近はすっかり元気がなくなってしまった感があるが松本素生の才能はまだまだ枯れていません。

 

この曲は全盛期の頃のキラキラした輝きはないけど、誰でも口ずさめるメロディを産み出す手腕は相変わらず特筆すべき点。耳の肥えたリスナーにも大いにアピールできると思う。

 

無駄な音が一切なく松本素生の歌を活かすこれ以上ないアレンジ。GOING UNDER GROUNDの王道ともいえる"聴きやすさ"を持ったポップな1曲。

悪く言えばいつものゴーイングなんだけど変わらない良さってあると思います。

これがプロの技だね。安心して聴けます。

 

 

Nothing's Carved In Stone「Stories」

 Stories - Nothing's Carved In Stone

 

2018年結成10周年を迎えたNothing`s Carved In Stoneが1年2ヶ月振りにリリースした9th Album「Mirror Ocean」に収録。

 

イントロで耳に飛び込んでくる個性的なフレーズが一度聴いたら忘れられないインパクトを与えるナッシングスらしい1曲。

 

この曲はそのギターフレーズがすべてと言ってもいいくらい印象に残っていて半ば中毒状態で本当によく聴きました。生形真一は突飛なことをやっているようで、実はすべて計算してやっているという"変態"だけど"天才"だと思う。

 

今回紹介した「Stories」には音の情報量が相当詰まっているんだけど、それを感じさせずサラッとこなしてしまうスマートなセンスに脱帽した。

疾走感、高揚感、叙情感などいろいろな要素が混在しているのに全く散らかった印象がないのは不思議で仕方ない。頭の中がどうなっているのか見てみたいです。天才であるがゆえになせる技なのかな。

 

ナッシングスは近年スケールの大きな楽曲を産み出す傾向があったけど、この曲にもそれが顕著に表れている。サビの広がりなんて最早スタジアムクラスのバンドの域。

 

アルバムリリースの度にリスナーに新しい感動を与えてくれて、基本は変わらないけど常に新しい音に挑戦し続けているNothing`s Carved In Stone。

 

同じ時代を生きられて幸せ。

 

 

Dragon Ash「ROCKET DIVE」

ROCKET DIVE

ROCKET DIVE

  • provided courtesy of iTunes

 hide没後20年プロジェクトでリリースされたトリビュート盤「hide TRIBUTE IMPULSE」収録。

 

こちらのアルバムは別で記事を書いていますのでそちらもぜひ

nro-nit.hatenablog.jp

 

降谷建志の声と元々カッコいいROCKET DIVEが融合した「カッコいいに決まっている」曲。間奏以外はほぼ原曲に忠実でギターの音作りも原曲っぽくて好印象。総じてhideファンも安心して聴けるナイスなトリビュートになっている。

 

kjがここまでメロディアスでアップテンポな"普通に良い曲"を歌うというのが実に新鮮でヘビロテしまくった。

 

アレンジが原曲に忠実ということは下手したら個性のないつまらないカバーになってしまうのだが、そこは降谷建志のボーカルがhideのROCKET DIVEとはまた違ったカッコよさを演出してくれた。

 

彼の声はロックを歌うためにあるのだと改めて思い知らされた。

 

とにかく普通にかっこよくて何も言うことはありません。原曲の良さも再認識できたし文句なしのカバーなのでDragon Ashファンはもちろん、hideの音楽に触れたことがない方にもぜひ聴いていただきたい。

 

この曲をきっかけにhideに興味を持ってもらえたら幸いです。

 

 

SEPTALUCK「MUGEN UCHU」

SEPTALUCK "MUGEN UCHU"

MUGEN UCHU

MUGEN UCHU

  • SEPTALUCK
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

私がこの世で最も愛するポップパンクバンド「SEPTALUCK(セプトアラック)」が2017年11月7日にリリースした4thアルバム収録。

 

SEPTALUCKは2012年に活動休止したstack44のボーカルfinを中心に結成された5人組バンド。

 

実はSEPTALUCKも2018年6月のライブを最後にfin以外の4人のメンバーが脱退してしまい存続が危ぶまれましたが、サポートを迎えライブ活動をスタートすると7月上旬に発表がありファンとしては一安心。

 

SEPTALUCKの持ち味はなんといってもメロディの良さ。フックライティングのセンスがずば抜けており、これまで発表してきた楽曲すべてに誰でも絶対に口ずさめるメロディが盛り込まれている。作曲能力だけ見れば同ジャンルの中では完全に頭一つ抜けている印象だ。総合的に評価しても高いスキルを持ったバンドだが全く売れてないのが玉にキズ。

 

SEPTALUCKは全英詩がメインのバンドだが、今回紹介する「MUGEN UCHU」は歌詞が日本語メインで書かれている。何もかも嫌になって疲れきった人間の背中を力強く押してくれる所謂応援ソング。

 

比喩などの回りくどい表現を使わず直接的な言葉で綴られたそのメッセージ性に目頭が熱くなった。日本語詞に関して言えば直接的な表現は好きではないのだけど、この曲というかSEPTALUCKに限ってはボーカルfinの説得力ある声にそんなこだわりが吹っ飛んでしまう。

 

元々、直接的な応援ソングみたいなものは全く聴かないし興味もないのだが、この曲だけは特に心に響くものがあった。まぁfinという人の人間性もあるとは思うけど。

 

 

アレンジを含め曲構成はツボを押さえていてポップパンク好きでなくとも気に入ってもらえると思い今回紹介させていただきました。

 

SEPTALUCKは本当に良いバンドです。たくさんの人に聴いてもらいたい。ポップパンクが嫌いな人にも聴いてほしい。よろしくお願いします。


ON THE ROAD [ SEPTALUCK ]

 

 

カッコいい曲はこれだけじゃない

本当はもっともっと紹介したかったが終りが見えないので今回はここまで。

 

あなたの琴線に触れる楽曲はありましたでしょうか。1曲でも記憶の片隅に引っかかってもらえたらこの上ない喜びです。

 

ロックというジャンルに限らず音楽というものは日々名曲が産まれています。音楽を愛するものとしてそれらすべてを知ることが出来ないのは非常に歯がゆいですが、縁あって出会うことができた音楽を今後も愛していきたいと思っています。

 

今は知らないけれど、いつか出会うかもしれない名曲やバンドがあるというのは、音楽に救われた自分のような人間にとって生きる上でのモチベーションになります。あなたがお気に入りのかっこいい音楽があったらぜひ教えてください。