のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

打首獄門同好会 歌詞はバカだが武道館に立った本物のロックバンド

打首獄門同好会が武道館でのライブを大成功させたらしい。

正直このバンドがここまで大きくなると誰が予想できたであろう。

 

※この記事にはバカ(馬鹿)という言葉が繰り返し登場しますがすべて誉め言葉です。

 

打首獄門同好会ってどんなバンド

大澤敦史(ギター・ボーカル)

河本あす香(ドラムス・ボーカル)

junko(ベース・ボーカル)

 メンバーは現在この3名(2018/8現在)

 

7弦ギターと5弦ベースを駆使した所謂ラウドロックバンド。

 

バンド名は何となく知っていたものの、最近がっつり聴き始めた完全なにわかです。おそらく食わず嫌いで聴いていない人もいるだろうし、「打首獄門同好会」未体験のロックリスナーに、その馬鹿さ加減を広めるべく魅力を語っていきたい。

 

 

打首獄門同好会は尋常ならざるバカ

まずバンド名「打首獄門同好会」 もう馬鹿である。

 

ちなみにバンド名を決める際に3つの候補があったらしい。

打首獄門同好会 

切腹愛護団体

・終生遠島協同組合

言わずもがな馬鹿である。個人的に切腹愛護団体のお馬鹿な響きが好み。上記3つの採用候補から選ばれたのが現在のバンド名というわけ。

 

バンド名からしてここまで馬鹿なのだが、このバンドから生まれる曲の馬鹿さ加減は常軌を逸している。

 

 

打首獄門同好会は歌詞がバカすぎる

まずこちらの曲をお聴きください

打首獄門同好会「日本の米は世界一」

日本の米は世界一

日本の米は世界一

  • provided courtesy of iTunes

タイトルの「日本の米は世界一」というのは凄まじいパワーワードだ。

 

このパワーワードをド頭で繰り出してくるこの曲のインパクトは聴く者を圧倒する。その後は米に関するワードがこれでもかと登場し、聴き終わった後は不思議と米が食いたくなっていた。完全に打首獄門同好会の術中にハマっていたのだ。

 

 

エントリーナンバー2番はこちら

打首獄門同好会「きのこたけのこ戦争」

きのこたけのこ戦争

きのこたけのこ戦争

  • provided courtesy of iTunes

多くを語る必要がないくらいバカな曲。

 

言うまでもないが、初めて聴いた時はあまりのインパクトに駈け足できのこの山たけのこの里を買いに行きました。

 

 

歌詞はバカでも曲のカッコよさは本物だ

キリがないのでMV紹介はやめて曲の話に移ろう。実際聴いてみると分かるが、曲の構成は至って普通。というか真面目にラウドロックをやっている。

 

巷ではマキシマムザホルモン筋肉少女帯に似ていると言われているが、たしかにその要素はある。ホルモンのラウドな部分とか似てるっちゃ似てるし、筋少は似ているというか大槻ケンヂの声質に似ているからそれだけな気もするけど。

 

酷いのになると"似てる"ではなく"パクリ"と決めつけている輩もいるが、これがパクリならこの世はパクリだらけになってしまう。もっと柔軟な物の見方をすればロックをより楽しむことが出来るのにもったいない。

 

個人的に打首獄門同好会のメタリックな部分に惹かれたので私はSEX MACHINEGUNSと同じ感覚で聴いている。つまりマシンガンズ同様、曲は普通にカッコいいんです。ただ歌詞がどうしようもなく馬鹿なんです。

 

 

歌詞が馬鹿ではないけれど「独特の異様な世界観」という点では、メタルという要素も含めて人間椅子に通じる部分もあると思う。こっちは"おどろおどろしさ"がなくて底抜けに馬鹿だけどね。

 

 

打首獄門同好会って歌詞は馬鹿だけどさ

歌詞を書いているのはギターボーカルの大澤敦史なんだけど、彼はギターからロックの世界に入ったようで憧れのボーカルとか、それに準ずる表現したい歌詞の世界観とかがないらしい。こだわりがない故にできる芸当ってことですね。

 

歌詞の内容は基本ノンフィクションで普段思っていることとか体験した事柄を歌にしているため「生活密着型ラウドロック」なんて呼ばれている。だからあんな馬鹿みたいな歌詞になるわけです。

 

でもそれって逆に考えたら"一人の男のドキュメント"になるわけで、借りてきたような薄っぺらい言葉で愛だの夢だの歌っているロックバンドよりは心に刺さるものがあると思う。歌詞は圧倒的に馬鹿だけど(笑)

 

 

 

 

それにしてもどうしてこんなバンド(誉め言葉)が武道館でライブが出来るほど成功しているのか?一部の音楽ファンにはウケそうだけど、ここまで大きく売れたのには何か理由があるんですかね?にわかゆえに情報が乏しくて申し訳ないけど、才能あるバンドマンが日の目を見れて本当に良かったと思う。

 

どちらにしてもこういったバンドが売れる日本の音楽シーンもまだまだ捨てたもんじゃないよ。打首獄門同好会は馬鹿なことを一生懸命やっている。それがいかにかっこいいことか。生粋のロックバンドだよ。

 

こんなカッコいいバンドなかなかいない。

応援してます。

 

 

馬鹿バカ言ってるけど比較的ちゃんとした歌詞の曲もあるよ

打首獄門同好会「布団の中から出たくない」

この曲最後ほっこりするんだよね。

 

 

必聴のベスト盤


10獄〜TENGOKU〜 [ 打首獄門同好会 ]