のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【解散の危機だった】NAMBA69 新メンバー加入後がかっこよすぎるんだが

NAMBA69とはHi-STANDARD難波章浩がソロ活動していた際の、サポートメンバーを務めていた二人と結成したパンクバンドだ。

読み方はナンバロックではなくナンバシックスティーナイン。(最初"ナンバロック"だと思っていました。難波さんすみません。)

 

ハイスタの大ファンである私は、当然のようにNAMBA69の音源を手に入れるわけだが、どうにも突き抜ける感じはしなかった。カッコイイことはカッコいんのだが、乗り切れないというか。ぶっちゃけ横山健のバンド「Ken Yokoyama」の方が好みだったと言える。

 

 

JESSE(RIZE)とコラボした曲は意外性もあり、久しぶりに楽しむことはできたけど。

LET IT ROCK feat. JESSE

LET IT ROCK feat. JESSE

  • provided courtesy of iTunes

 でも総じて「NAMBA69は悪くはないけどそこまで良くはない」というのが率直な感想。私の中でNAMBA69は惰性で聴いているという部分が大きかった。

 

 

ところが2017年4月5日に発売された「HEROES」というミニアルバムでNAMBA69の私の中の評価が一変したのだ。

 

 

 

生まれ変わったNAMBA69がカッコよすぎて死ねる

先ほど挙げたNAMBA69の「HEROES」というミニアルバムめちゃくちゃカッコいい。アルバムの内容は、湧き上がる衝動を纏った"音塊"が迫ってくる「ロックの初期衝動」が感じられる非常に勢いのある音で「難波さんまだまだやれるじゃん!」って思えた。

 

本当にこのアルバム大好き。心からいろいろな人に聴かせたい。

 

こう言ったら熱烈なハイスタファンに怒られるかもしれないけど(自分も熱烈なハイスタファンだと自負しているが)、ハイスタの新譜と比較してもNAMBA69「HEROES」の方がはじけにはじけまくっていてハイスタより全然良かった。

 

 

個人的に最近のNAMBA69は「Ken Yokoyama」に匹敵するレベルにまで達している気がする。ハイスタから流れたファンの多くは、正直音楽性でいえば"難波章浩"より"横山健"派という方が多かったのではないだろうか。私は完全にそうだった。

 

健さんのソロは全部好きだけど難波さんのソロ(バンド含め)はいつも煮え切らない想いがあった。でも「HEROES」は違う。今までの煮え切らない想いをすべて払拭してくれたすばらしいアルバムだ。

 

 

NAMBA69が生まれ変わった理由

NAMBA69の評価が180度変化した「HEROES」というアルバム。なぜNAMBA69は生まれ変わることが出来たのか?

 

これは記事タイトルで壮大にネタバレしているが、NAMBA69が生まれ変わったのは"新メンバー加入"が大きな理由のようだ。それは難波さん自らがそう言っている。

 

 

↓こちらのインタビューにNAMBA69が変化した理由が書かれている。ぜひとも読んでいただきたい。

 

 

解散の危機にあったNAMBA69

先ほどのインタビューは読んでいただけたであろうか。

あの文中に衝撃的な一文があった↓

ぶっちゃけると、俺たち3人だった時、

このままNAMBA69を続けていくのかいかないのか

っていうところまで話は行ったんですよ。

つまりNAMBA69は「解散」もしくは「活動休止」の一歩手前まで来ていたというのだ。

 

そこへ新メンバーが加入することで新たな風が吹き、NAMBA69は危機的状況を脱することが出来た。それだけではなく音にも大きな変化が現れた。3ピースの頃よりも数段カッコよくなり完全に生まれ変わっている。

 

 

NAMBA69の新メンバーってどんな人なの?

NAMBA69の解散(活動休止)を救った新メンバー。いったいどういった人物なのか。

 

ギター・コーラスとして新しくNAMBA69に加入したのはko-hey(コーヘイ)という人物。実はある程度実績のあるプレイヤーだった。

 

ko-heyが過去に在籍していたのはARTEMAというバンド。邦楽ロックに詳しいリスナーなら名前くらいは知っている人もいるだろう。

 

 

ARTEMAはこんな音楽↓

ARTEMA - Dancing Field

Dancing Field

Dancing Field

  • ARTEMA
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

「ARTEMA」がやっていた音楽はいわゆるピコリーモ。洋楽だと「Attack Attack!」「Enter Shikari」なんかが有名。ちなみに海外では"ピコリーモ"とは呼ばれていませんが「エレクトロコア」「トランスメタル」「レイブメタル」などなど呼称はさまざまです。

Stick Stickly

Stick Stickly

  • provided courtesy of iTunes
Sssnakepit

Sssnakepit

  • provided courtesy of iTunes

 

 

邦楽ロックだと「Fear, and Loathing in Las Vegas」が有名です。

 

そんなピコリーモな音楽性を持つ「ARTEMA」ですが、このバンドにギター・ボーカルで在籍していたのが、NAMBA69に新しく加入したko-hey(コーヘイ)というわけだ。

 

 

NAMBA69にko-heyが加入することで化学変化が起こった

 

「ARTEMA」がやっていたピコリーモサウンド。

 

ピコリーモはNAMBA69が出しているバリバリのパンクな音と異なり、基本的にポストハードコアの要素が強い。リフがパンクよりも数段ハードで、スクリームも大胆に導入されている。

 

単純に音だけ抜き出せばパンクよりもはるかに凶暴性のあるラウドな音楽性。

 

こうしたARTEMAのラウドな要素がNAMBA69のパンクとわかりやすく融合したわけだ。通常、バンドという物は新メンバーの加入で多少音楽性に変化が観られるがNAMBA69のように劇的に変化するのは稀ではなかろうか。

 

結果的に曲の説得力が何倍にも膨れ上がるという信じられない化学変化が起こっている。

 

 

ko-hey加入前と加入後の楽曲を比較してみてください

↓ko-hey加入以前の楽曲

NAMBA69 / TRUE ROMANCE

TRUE ROMANCE

TRUE ROMANCE

  • NAMBA69
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

どこを切り取ってもメロディックハードコアな名曲。これはこれでかっこいい。

 

 

↓ko-hey加入後の楽曲

NAMBA69「MANIAC」

MANIAC

MANIAC

  • NAMBA69
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

 ヤバいでしょこの曲(笑)

 

 

------------------

 

さて比較して聴いてみてあなたはどう感じただろう?

 

ko-hey加入前と加入後のNAMBA69、どこが変化したのか。細かい点を挙げるとキリがないので、誰もがわかる目立った変化を挙げてみよう。

 

ギターリフにメタルやハードコアの要素をより明確に取り入れることで楽曲の強靭さに磨きがかかった。スクリームパートを大胆に導入することでパンクにはなかった違うベクトルの凶暴さを手に入れた。

 

目立った変更点はこれくらいか。言葉にするとこれだけだが、比較して聴いてみると全く別のバンドのような印象を受けたのではないだろうか。

 

 

元々難波章浩が生み出すメロディは天才的なモノがあるので、こうしたバンドアレンジに難波節が組み合わされば、出来上がる楽曲はカッコよくなるに決まっている。

またNAMBA69の楽曲に元々備わっていたメロディックパンクの要素は健在で、抜群のキャッチーさは保たれているため、あらゆるリスナーに訴求することが出来る。

 

個人的にNAMBA69は無敵の音楽性になったと思います。

 

ko-heyの加入した新生NAMBA69。彼が加入する前と比べてどちらが音楽的に優れているかなんて結局ジャンルの好みもあるし、所詮個人の意見に過ぎないけれど私は確実に「ko-hey加入後の方が良い!」と言い切れる。

 

 

生まれ変わったNAMBA69。今後の活躍に期待したい

NAMBA69 | FLJ TOKYO

インタビューを読むとko-heyの加入は楽曲製作だけでなくバンドの雰囲気にも良い影響を及ぼしたことがわかる。ko-heyはまさにNAMBA69の救世主と呼べる人物だ。

 

再びインタビューから抜粋。

先入観なしに、

NAMBA69は新しいバンドだと思って

飛び込んできてほしいですね。

難波章浩はこのように語っている。

 

ファンの多くがNAMBA69の変化に驚きを隠せないと思うが、その実、難波章浩をはじめメンバーそれぞれがバンドの変化に一番驚いていて、同時に楽しんでいるように感じた。

 

応援しているバンドが楽しそうに活動している様はファンとしてこの上ない喜びだ。バンドが良い状況ならば、生み出す楽曲にも必ず良い影響を及ぼすからだ。

 

 

Ken YokoyamaとのスプリットCDでも健在さを見せつけたNAMBA69。

必聴の一枚↓

PROMISES

PROMISES

  • NAMBA69
  • ロック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

NAMBA69の今後から目が離せない。

難波さん、もっともっとファンを楽しませてくれ。期待してます。