のりオト

音楽関連のコラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。

のりオト

LiSA アニソンへの偏見
BABYMETALはメタルかアイドルか
アーティストのスキャンダル
King Gnuが売れた理由
かわいい女性アーティスト
マイナーな邦ロックバンド
邦楽ロックのアイドル化
ロックの定義
好きなバンドを否定される

新生WANDS 上原大史の歌唱力に元バンドマン言葉を失う【ワンズ再結成】

スポンサーリンク

WANDS

出典:Being official website

 

こちらの記事も読まれています

nro-nit.hatenablog.jp

 

 

 

何を隠そう筆者はWANDSの大ファンだ。当ブログでもWANDSをテーマにあれこれ記事を執筆している。

 

そんな大好きなWANDSが2019年の暮れ、突如復活するというニュースが飛び込んできた。

 

上杉昇WANDSが再び拝めるなんて俺得か!

 

何の疑いもなく上杉がボーカルである前提で勝手に舞い上がっていたあの日。しかし現実は私の喜びをあざ笑うかのようだった。

 

新生WANDSのボーカルは上杉昇ではなかったのだ。

 

これは某掲示板で見た未確定情報だが、上杉昇にも今回のWANDS再始動に向け、あらかじめ声が掛かっていたようだ。ビーイングとしてもWANDSを復活させるなら、ネームバリュー的に上杉がベストだと判断するだろうし、あながち間違った情報でもないと思う。が、結果的に辞退したとのこと。

 

 

現在の上杉の活動を鑑みれば、WANDSで生ぬるいポップソングなんて歌ってる場合じゃないのはわかるがファンとしてはやはり寂しい。

 

WANDS好きとはいえ、正直なところ上杉昇が歌っているWANDSが好き」なのである。筆者と同じように、上杉ありきのWANDSファンというのは思いのほか多いのではないだろうか。

 

 

というわけで、今回のWANDS再始動にはもちろん嬉しさもあったが、不満も同じくらい抱えていた。

 

再始動におけるインタビューにて、柴崎(G)が「続きをやってみたくなった」なんて語っていたが、

WANDS、始動「続きをやってみたくなった」 | BARKS

「上杉がいないWANDSには興味がない」から脱退したんじゃねーの?と冷静にツッコむ自分がいた。まぁそんなことも言いたくなるほどネガティブな感情に支配されていたわけです。

 

 

 

上杉のいないWANDS

 

この事実は、いっそのこと聴かずに通り過ぎてもいいかなとさえ思わせていた。

 

だが、筆者の中で好きなバンドの上位に食い込むWANDSだ。一時は聴くのをやめようという感情に支配されていたが、やはり気になる。結局、聴いてから判断すればいいじゃないかと自分を納得させ、生まれ変わったWANDSを一度聴いてみようと決心した。

 

まず手近なところでYouTubeのMVだ。「ボーカルかどんなものかジャッジしてやろう」と、なぜか上から目線でWANDSの新作を聴く。

 

 

 

当時を振り返ってみよう。

 

 

上杉の代わりが務まるボーカリストなどそうそう現れてたまるか。

※当然だがこの段階ではまったく期待していない。

WANDS「真っ赤なLip」

 

 

「真っ赤なLip」MV視聴後。。。

 

 

 

う、うまい めちゃくちゃうまい

声もかっこいい・・・

 

 

というわけで、WANDS新ボーカリストの第一印象はこんな感じ。

 

正直唖然としましたよ。

 

まったく期待していなかったためハードルが物凄く低かったのもある。だが、それを差し引いてもかなり驚いた。

 

上杉昇のようなディストーションがかった少しクセのあるセクシーな声。ピッチも安定しているし、何より歌詞が聞き取りやすい。ボーカリストとしてのスキルは相当なものを持っていると感じた。

 

WANDS新ボーカリスト「上原大史」

スポンサーリンク

 

 

 

WANDSの新しいボーカリスト上原大史(うえはらだいし)というイケメンだ。

正直、上杉昇よりもイケメンである。

上原大史

出典:BARKS

 

 

ビーイングのやることなので、事務所で抱えているくすぶった若手か、系列会社から連れてきたのだろうと思ったが、今回は後者だった。

 

上原大史は、ビーイング系列のCRIMZONという事務所に所属する(2020年現在)「-真天地開闢集団-ジグザグ」というV系バンドのボーカル「命(みこと)」らしい。

 

尤も「上原=命」というのは公式発表ではない。だが、数多のトレンドブログが検証している画像を見る限りほぼ間違いないと思う。ちなみに、「CRIMZON」という事務所はビーイングの中でもヴィジュアル系に特化しているようだ。

 

まったくの余談だが「-真天地開闢集団-ジグザグ」の他に「甘い暴力」というバンドも在籍していた。

 

 

それにしてもプロデューサーの長戸大幸は、まさかという所から人材を引っ張ってきたもんだ。ヴィジュアル系のメンバーがWANDSのボーカリストになるなんて誰が想像できたであろう。

 

 

 

では、上原大史の歌(歌唱力)について話を戻そう。

 

 

とりあえず、先ほど書いた通りで第一印象は想像以上に良かった。

 

だがそれは、新曲だったからという理由も否めない。楽曲に思い入れが無いぶんフラットな気持ちで歌声を聴けたとしても不思議ではないだろう。曲自体のクオリティも高く、それが好印象につながっただけかもしれない。それに、いくら歌が上手くてもWANDSに合っているかどうかなんてその時点では判断できない。

 

 

というわけで、上原大史の真のポテンシャルを測るべく、彼が歌うWANDS往年の名曲を聴いてみた。

 

 

完全無欠のキラーチューンもっと強く抱きしめたなら

この曲は上昇杉のイメージが極めて強い。上原大史の真価が問われるはず。

※この曲は公式映像がなかったため、文章のみで進めていきます。

 

 

 

驚くことに違和感は皆無だった。

 

 

 

当然ではあるが、古参ファンに配慮して上杉昇の歌唱法にずいぶん寄せている。新曲で聴ける歌声よりも、それが顕著に表れている気がした。「もっと強く抱きしめたなら」は、WANDSがブレイクするきっかけになったような曲で、ファンにとっても大事な曲である。やはり上杉に寄せる方が無難だろう。

 

しかしそういった"上杉感"を差し引いても、上原大史のボーカリストとしてのポテンシャルをまざまざと見せつけたこの曲での歌声は非の打ち所がない。

 

 

 

上原大史という人は、もともとWANDSのことが好きで、若いころよく聴いていたのだそう。真相はわからない。単にファンに対するリップサービスかもしれないが私は本当だと信じたい。

 

憧れのWANDSに加入するため、ボイストレーニングを含め相当な努力を積んできたんに違いない。そうでなければ、ここまでクオリティはちょっとやそっとじゃ出せないはずだ。

 

それに、バンドには面倒な古参ファンがたくさんいる。当然WANDSも例外ではない。未だにWANDSのボーカリスト上杉昇しか認めない」と息巻いている人もいるだろう。そんな世界に飛び込もうと決めたのだから不退転の覚悟で臨んだはず。

 

 

とはいえ、先ほど観たYouTubeの動画もそうだが、コメント欄が意外にも好意的だったのは驚きである。もっとバッシングの嵐を想像していたが、ほとんどのレスで「上杉は上杉」「上原は上原」の良さがあると多くファンが捉えている。

 

 

だがそれは、上原大史が努力した結果なのかもしれない。異論を挟む余地がないほどに、彼のボーカリゼイションは卓越しているのだから。

 

 

それにしても、よくここまで上杉昇に似せて歌えるものだと感動すら覚えている。

 

第三期のボーカリストである「和久二郎」も、一聴すれば上杉風だったけれど、たぶんコアなWANDSファンが聴けば「和久二郎」だというのはスグに分かるレベルだった。

 

逆に一部のファンは錆びついたマシンガンで今を撃ち抜こうは上杉が歌っていると本気で思っていたそうだが。

 

 

「上杉と上原を比べるのはナンセンスだ」とコメントで発言している人もいたが、比べても問題ないのではないか。ずっとWANDSを支えてきたファンなら尚更。

 

上杉がWANDS黄金期を支えたのは間違いない。

 

WANDSと名前がついている限り、上杉昇が頭から離れないのは当たり前なのだ。

ファンの多くはWANDSのボーカルといえば上杉昇なのだから。

 

それほどまでに上杉昇の残した功績は大きい

 

とはいえ、必要以上に上原大史を擁護するのも、またそれはそれで気持ちが悪い事。

 

比べること自体は良いのだ。だが「どちらが上か」という比べ方はナンセンスだろう。

 

それこそ音楽の感じ方なんて人それぞれ。

 

優劣を決めるのではなく、聴き比べて楽しむという意味で比較するなら、実りある音楽体験になるかと思う。

 

筆者も含めた、多くWANDSファンに歓迎されている(ように見える)上原大史。

 

そうなると、今後のWANDSの活動にも期待が高まる。個人的には過去のヒット曲をまるっとセルフカバーしたアルバムでもリリースしてもらいたい。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

最期に、上原だけではなくWANDSの楽曲についても少し語っていきたい。

 

新生WANDSとの出会いの曲「真っ赤なLip」

イントロからすでに往年のWANDSサウンドが炸裂しており胸が熱くなった。シンセの音なんてほんとにあの頃の楽曲そのまんまだ。ギターよりシンセが目立っているのもWANDSらしい。

 

それもそのはず、初期メンバーである大島康祐(現:大島こうすけ)が作曲・編曲しているらしい。未だにこんなキャッチーなメロディが書けるなんて、彼の辞書に才能の枯渇という文字はないようだ。

 

 

個人的には復帰第二弾シングル「抱き寄せ 高まる 君の体温と共に」も"どストライク"だった。

作曲/編曲:柴崎浩というのがまずポイントが高い。

 

二期の後期ではバンバン作曲していたけど、柴崎浩という男は相変わらず良い曲を書く。余談だが、西川貴教とのバンドabingdon boys schoolでも名曲を連発していた。

 

この曲は先程の「真っ赤なLip」よりギターの音が聴き取りやすく、ギタリストとしては最高のナンバーである。特にAメロのバッキングなんて最高にかっこいいじゃないか。

 

映像を観て思ったけど、柴崎と木村はいつまでも若々しくてほんと見た目が変わらない。木村真也の演奏中のアクションも、あの頃のままで微笑ましい限り。

 

シングルがこれだけのクオリティだと当然アルバムにも期待が高まる。古参ファンを唸らせる名盤のリリースが今から楽しみでならない。

 

それではまた。

 

 

こんな記事も書いています

 

 

 


Hatena

Feedly