のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【中島優美】チリヌルヲワカ ユウ(天才)の魅力をファン歴10余年の男が語る【元GO!GO!7188】

f:id:nro-nit:20180621193148j:plain

あなたはGO!GO!7188というバンドをご存じだろうか?

 

2000年代初期に大活躍した3ピースロックバンド。2012年に解散したものの現在でも根強いファンがいることで伝説のバンドと呼ばれている。

 

GO!GO!7188でVo.Gと全楽曲の作曲を担当していた「ユウ(中島優美)」というメンバーがいる。この人が本当にもうどうしようもないくらい天才。

 

あまり他人のことは天才と讃えたくないのだがユウだけは特別。ユウの産み出してきた楽曲や過去に紡いできた歌詞を読むと天才としか形容できないものが多い。

 

GO!GO!7188解散後、ユウはチリヌルヲワカというバンドで活動している。

チリヌルヲワカ – chirinuruwowaka offical

 

チリヌルヲワカでも独特な個性が爆発していると言っていいだろう。常人の発想をはるかに超えた、斜め上過ぎるアイデアの持ち主。本当に音楽をやるためだけに生まれてきた人間。この人から音楽を取ったらきっとダメな人間なんだろうと思う。

 

でも音楽に限らず芸術に携わる人間というのはそうでなくてはいけない。良い意味でも悪い意味でも、多少頭がおかしいくらいの方が面白いものが生まれてくるし見ている方は感動もする。他人の心を動かすのは容易なことではないし、アーティストはそれくらいで丁度良いと思う。

 

それでは天才ユウについて存分に語っていきたい。

 

ユウは自分の世界で生きている

とにかく中島優美という人間は自分の世界観を貫くことに全身全霊を注いでいる。

 

ユウはネットラジオ冠番組を持っている。その番組内でフリートーク的な時間があるのだが「自分」という存在を絶対に曲げず自己主張する場面が目立つ。

 

↓ちなみにラジオはこちらで聴けます

ユウのBe-side Your Life!!

 

ラジオでのフリートークは日常の何気ない会話がメインで、アルバム発売やツアー中でもなければ、音楽をメインにトークをすることはない。

 

そうしたフリートークでの何気ない会話の中にもエキセントリックな性格が隠しきれていない。もちろん大人として最低限の常識は持ち合わせているものの、発する言葉のチョイスだったり考え方に独特のセンスが滲み出ている。いずれにしても我が強い性格なのは誰が見ても明らかだろう。

 

ラジオでのトークにすべてをさらけ出しているアーティストなどいないと思うが、それでも特異なパーソナルを持っていると感じずにはいられない。

 

ここまでの情報をまとめると、ユウが堅物の変人のようなイメージになってしまうが、天然ボケをかます一面も持ち合わせているので単純に憎めない人物なのだ。

 

 

特筆すべき点がもうひとつ。

 

ユウはもちろん女性なのだが、個人的にラジオでの会話やライブのMCで女性だと感じることが少ない。その言動はむしろ男性的でもっと言えば"少年"のようだ。

 

ビジュアル的には年々女性らしさを増しているし、トークにおいても時折女性らしい一面を見せることもあるが、彼女が放つ少年性はいつまで経っても変わらない印象がある。ロック好きの小さな男の子がそのまま大きくなったような。

 

歌声を聴くと想像できないが、ユウの話し方は舌っ足らずで本当に子どもが話しているかのようだ。2018年現在アラフォーのユウだが、フリートークでタクシーに乗ったとき、お店に行ったとき などなど「実年齢よりも若く見られた」というエピソードが何度か登場している。ユウを知らない一般の人間にも話し方含め若々しく感じられるのかもしれない。

 

 

ユウのように子供っぽく自分の価値観を押し付ける人間というのは、下手をすると「自分勝手で頑固者」というレッテルを貼られてしまう。

 

実際にユウが周囲からどう思われているのか知る由もないが、少ない情報だけで推測する分には愛されているように思える。それはユウが持つ天才的な才能に周りが惹かれているからなのか、はたまた単にユウの人間性が愛されているのか。

 

 

いずれにしても、ユウは誰も立ち入ることが出来ない自分の世界という物を持っていて、その中で日々を過ごし、作品を生み出している。今後も他では見ることが出来ない景色をファンに見せ感動を与えてくれるだろう。

 

 

音楽にも現れるユウ独特の感性

ユウの生み出す音楽は唯一無二だ。類似するテイストの楽曲はこの世に存在しないと言ってもいい。

 

現在ユウはチリヌルヲワカで活動しているのだが、ジャンル的にはオルタナティブロックに該当するだろう。もちろん形骸化されたオルタナティブロックではなく本来の"オルタナティブ"という意味だ。

オルタナティヴ・ロック - Wikipedia

 

 

ユウは確固たる"自分"という物を持っていて、誰かに媚びることはしない。当然時代に迎合することもない。自分のやりたいように考え、自分のやりたい音楽を自らの言葉で紡ぎ音で表現していく。

それはどこにもない中島優美にしか表現できない世界。まさにオルタナティブロックを体現していると言える。

 

 

チリヌルヲワカは元々ツインギターの編成で、変幻自在のカラフルな楽曲が人気だったが、現在は3ピースとなって音の煌びやかさとしては正直物足りない部分もある。だが3ピースになったことによりそれぞれのパートが際立ったストレートなバンドサウンドに生まれ変わっている。

 

音に関してはアルバムによって好みが別れるだろうが、どの時代の楽曲も圧倒的なオリジナリティが貫かれており新たな音楽体験が出来るだろう。

 

 

ユウ(チリヌルヲワカ)の生み出す楽曲は日本語を大切にしている。当然ながら英詞など存在しないし、無意味に英語を織り交ぜた作詞も絶対にしない。

 

所謂"文学的な歌詞"という物が多いのだが、最近はそうしたアプローチのバンドも増えてきて食傷気味のリスナーもいるかもしれないが、騙されたと思ってチリヌルヲワカの楽曲に一度触れていただきたい。

 

おすすめ楽曲「ホワイトホール」の歌詞の一節

世界中のモノを全部

積み上げ登っていけば

いつかは太陽だって

掴めるような気がした

 クリック(タップ)で動画プレーヤーが立ち上がります↓

チリヌルヲワカ / ホワイトホール

ホワイトホール

ホワイトホール

  • provided courtesy of iTunes

アルバム「白穴」収録 『ホワイトホール』 より


白穴 [ チリヌルヲワカ ]

 

GO!GO!7188時代はベースのアッコが作詞を担当していたため、ユウの作詞能力は日の目を見ることはなかったが、GO!GO!7188在籍中に発表したソロアルバム「てんのみかく」でユウの才能が一気に開花したと思う。


てんのみかく

 

おすすめ曲「アヲアヲ」の歌詞の一節

私たちは自然の脅威です

憧れを餌に生きる

なりたいような自分になれずにそっと青い春は散る

そして今日も

「無駄な時間を費やした」

こんな晴れた日に

「アヲアヲ」チリヌルヲワカ

 

アルバム「アヲアヲ」収録 『アヲアヲ』 より


アヲアヲ

 

 

【天才】チリヌルヲワカ ユウ(中島優美)のまとめ

ここまでつらつらと書いてきたが、ユウの魅力が少しでも伝わっていれば幸いだ。

 

途中チリヌルヲワカの話題に触れたが、現在、同バンドの楽曲はすべてユウが作詞作曲を担当しており、楽曲のアレンジはメンバーに委ねているとはいえ、チリヌルヲワカはユウの精神世界が最も現れたバンドだと言えるため今回紹介させていただいた。

 

ユウの紡ぎだす歌詞の世界観は文学作品を思わせる情緒のある日本語のため、文学を読むロックリスナーにはうってつけと言える。「日本人なら日本語で歌え!」という方にもおすすめできます。

 

ユウはヴォーカリストとしてのスキルも相当高い。ピッチが良く力強い歌声ははっきり言って歌が上手い部類に入ると思う。ユウの声が嫌いな人に会ったことはないが多くのリスナーに訴求できるポイントだ。単純に歌声がカワイイのもいい。

 

この機会にぜひチリヌルヲワカで活躍するユウの世界感に触れてみてほしい。


ノンフィクション