のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【CROWS】解散したWHITE ASH(のび太)はロックの既成概念を破壊したのか【insight】

今回は、「CROWS」「insight」という楽曲が話題となり、邦楽ロックファンの熱狂的な支持を集めたWHITE ASH(2016年解散)に関するお話。

 

 ----------------------------

 

先日いつものように新しい音楽ネタを求めネットを徘徊していたとき、たまたまこんなサイトを見つけた。

 

この「音楽文」というサイト、今回たまたま発見するまでまったく知らなかったのだが、かの有名な株式会社ロッキング・オン・ホールディングスが運営している。

 

かんたんに言えば、ライター気取り(失礼)の素人を集めてコラムを書いてもらうといった主旨のサイトらしい。

 

 

そんな「音楽文」でWHITE ASHに関するこんなコラムを見つけたんだ。

↑このコラムの詳細は今回の記事に関係してくるので、お時間のある方はぜひ読んでいただきたいです。

 

 

上記コラムの内容を超簡潔に説明すると

NIRVANA好きのコラム主がWHITE ASHに出会い、その音楽の素晴らしさに感嘆してファンになったものの、最終的には解散してしまって寂しい

 みたいな内容でWHITE ASHの音楽に惚れ込んだキッズの物語。

 

 

かくいう自分もWHITE ASHは大が付くほどファンで、相当に思い入れのあるバンドだったりします。

 

▼このアルバムは現在のフェイバリット


THE DARK BLACK GROOVE [ WHITE ASH ]

 

 

思い入れがあるゆえに先のコラムは素直に素晴らしいと感じたし、WHITE ASHに対する愛情もビンビン伝わってきて感動した。

 

 ・・・ただ一か所だけコラムの内容で引っかかる場所があった。

 

 

それは、コラムの中でWHITE ASHの歌詞について言及されていた箇所。

少し長いけどそれぞれ抜き出して引用させていただきます。

 

奇妙なツイートに導かれた僕を次に待っていたのは、意味のない言葉の羅列だった。WHITE ASHの楽曲はどれも、一聴しただけでは何を言っているのか聴き取れない。

 

つまり、WHITE ASHの楽曲において歌詞という概念自体がなく、いわば一つの楽器として歌を使っているということだ。支離滅裂な言葉は聴き取れなくて当然だった。80年代以降の洋楽と邦楽をバランスよく組み合わせたようなバンドサウンドと、歌詞ではない歌詞。この狙いすましたアンバランスさは、「歌詞が大事」と言われる音楽への反抗だった。

 

「意味のない言葉」「聞き取れない歌詞」に合点がいった僕は、彼らが歌詞を破壊する姿から、反文化的な側面の“汚さ”を見出した。それは、Nirvanaグランジと括られるほどに身をていして表現したものとは異なる。オルタナティヴロックやポストロックという、広い場所に隠れた凶暴な“汚さ”だ。

 

歌詞による制限がないWHITE ASHの楽曲は、新しくも僕が求めていたものだった。「なんかわかんないけどかっこいい」は、当時の僕が言いたくてたまらなかったセリフそのものだった。

参考:グランジの残像 – NirvanaからWHITE ASHへ (西村ヨウ)

 

ファン以外にはあまり知られていないが、WHITE ASHというバンドは歌詞が非常に特殊な方法論で書かれている。"日本詞なら日本語として" "英詩なら英語として" 意味が通っていない。文法がめちゃくちゃで支離滅裂な文章になっている。(全楽曲というわけではありません)

 

 

たとえば「Number Ninty Nine」の歌詞

Number Ninety Nine

Number Ninety Nine

  • WHITE ASH
  • ロック
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

▼16秒辺りの歌詞に注目

a fed i load if used to we`ve on to 終わらせな
i roll it pin amp wimp 音符鳴らそう

 

それぞれの単語に意味はあっても、文法としては成り立っていないのがわかるだろう。

「pin amp wimp」って意味わかんないし。でも音として聴くとカッコいい。

 

つまり、、歌詞の意味などはどうでもよくて、その言葉が持つ"響き"とか"語呂の良さ"だけを大切にしているというか。言葉(歌詞)をギターのような"楽器"と同じように捉え、あくまで"音"として扱っているというわけ。

 

日本語を英語のように錯覚(錯聴)させるバンドは結構いるけど、WHITE ASHのような音楽性はたしかに珍しいだろうな。

 

そうした歌詞に対する考え方であったり、実際に楽曲の中に存在した「意味のない言葉」「聴き取れない歌詞」にコラム主は衝撃を受けたわけだ。そして、WHITE ASHが世間にはびこる「歌詞至上主義」の概念を打ち破った、いわば"オリジネイター"であるかのように言及している。

 

この部分に私はどうしても引っかかってしまった。

 

 

歌詞という概念自体が無いバンド

 

「歌詞至上主義」の概念を打ち破った、言葉を本来の意味で使用しない頭のおかしいロックバンド。「歌詞の大切さ」を声高に叫ぶ昨今、そんなロックバンドが目の前にいたらそりゃ多感なキッズは食いつきます。

 

 

だが「歌詞の概念を打ち破る」という価値観は、WHITE ASHが世に提唱する前に実は存在している。この方法論でかつて音楽界を席巻していたロックバンドが実は存在していたのだ。

 

 

適当アドリブめちゃくちゃ語

そう、正解は2017年に解散したB-DASH


Let's Collabo [ B-DASH ]

 

B-DASHというバンド、ロックビギナーにはなじみが薄いかもしれないが、90年代後半からのインディーズブームを牽引し、数々のヒット曲を世に放ったミクスチャーバンド。

 

一般的にはメロコアのイメージが強いバンドだが Vo.GONGON の音楽的嗜好や楽曲の幅を見てもB-DASHは完全にミクスチャーだといえるだろう。

 

--------------

余談だが、B-DASHはよく「トンガリキッズ」というユニットと間違えられていた。

B-DASH(Ver.HANAGOE)

B-DASH(Ver.HANAGOE)

  • provided courtesy of iTunes

 

とんがりキッズには上記の「B-DASH」という曲が存在していた。それが間違えられた大きな理由だと思うが、なぜここまで混同されていたのかは正直わからない。B-DASHの解散ニュースが出た時もトンガリキッズが解散したと思われていたし(笑)

 

 

そんな「B-DASH」だが「WHITE ASH」同様に、文法的に意味の通らない歌詞で楽曲制作していた。「何言ってるかわからんけどカッコいい」を体現し続けたバンド。

 

▼たとえばこの曲。

B-DASHの中でもっとも有名な曲ではないだろうか。

B-DASH -ちょ- 

ちょ

ちょ

  • provided courtesy of iTunes

 「ちょ」というタイトルにするのも馬鹿(褒め言葉)だが、この曲が収録されたアルバムは「ぽ」。さらに斜め上を行く馬鹿。B-DASH愛してる。

 

 

では「ちょ」の印象的な歌詞を見てみよう。

「ちょ」の歌詞はすべて印象に残るほどインパクトがあるが特にこの部分か。

▼MVの29秒辺りから

立派な拳法界 正方位

この素晴らしい歌詞を前に言葉はいらないだろう。

 

 

このように、常人が到底辿り着けない孤高のセンスで楽曲を制作していたB-DASHだが、メディアでのインタビューなどでヴォーカルGONGONは「言葉という概念を捨て、音として聴いてほしい」と語っていた。

参考:B-DASH - Wikipedia

 

こうしたGONGONの考えは、WHITE ASH(のび太)が掲げていた歌詞に対する考え方と根本は一緒だと思う。

 

B-DASHは、音楽性もそうだが、元々パンク精神を持ったバンドだったので、当時勢いのあったJ-POPやラブソングに反抗し、「歌詞なんてくだらない」という考え方に至ったのかもしれない。 もしくはGONGONが単なる変人だっただけなのか。

 

いずれにせよB-DASHは、カッコいい信念を持ち、カッコいい音を出していたのは間違いない。

 

 

ここまで読み進めてきた方はうすうす感づいているかもしれないが、実はB-DASHも大が付くほどのファンである。そのためWHITE ASHがメディアに出たての頃、 「B-DASHみたいなことやっててかっけー!」とすぐに思ったものだ。

 

 

B-DASHも一時期は「いしわたり淳治」など、外部の作家を起用し、意味のある所謂"心に響く良い歌"というものを歌っていた時期もあったが、基本的には「適当アドリブめちゃくちゃ語」をコンセプトにしていたし、リスナーの間でもそうした認識だったはずだ。

 

 

のび太がWHITE ASHで残したもの

B-DASHは1997年から活動してるので、2006年から活動を始めたWHITE ASHよりも9年も前に歌詞の概念を破壊していたことになる。

 

ただ勘違いしないでほしい。WHITE ASHよりB-DASHがオリジネイターだから「WHITE ASHはダメだ」と言いたいわけではない。

 

そもそも邦楽ロックで初めて歌詞の概念を破壊した本当のオリジネイターが誰なのか私にも分からない。

 

私が言いたいのは、こうしたロック然とした"概念"を受け継ぐ、素晴らしい系譜があることを少しでも多くのリスナーに伝えたかっただけだ。

 

 

グランジの残像 – NirvanaからWHITE ASHへ (西村ヨウ)

たとえば、このコラムを読んだロックビギナーが「WHITE ASHの考え方はロックでカッコいい!」と思ってくれるのはもちろんうれしい。でも偉大な先人がいたことも知っておいてほしいんだ。

 

 

たかが音楽だし「目の前にある音だけ聴いてりゃいいじゃん」という考えがあってももちろん問題はない。でも、歴史を知ることで、今聴いている音楽にさらなる深みが加わることもある。大きなお世話かもしれないが、少なくとも私はそうやって音楽を聴いてきてマイナスに感じたことはない。

 

 

話をWHITE ASHに戻そう。

 

のび太がWHITE ASHで残した楽曲たちは、未来の音楽界に必ず良い影響を及ぼすだろう。歴史はめぐる。そう遠くない未来、歌詞の概念を破壊した素晴らしいバンドが登場するはずだ。その日を楽しみに待とうじゃないか。


SPADE 3 [ WHITE ASH ]