のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【フェス】Perfumeがロックファンに認められている理由がわからない

f:id:nro-nit:20180705214931j:plain

※熱狂的なPerfumeのファンは気分を害する恐れがあるので読むのはやめた方がいいかもしれません。

 

Perfumeロックフィールドにおける人気について

 

いまさら感もあるこの話題だが私はいまだに納得できない。なぜロックファンがPerfumeをここまで熱狂的に支持しているのか。

 

最初に断っておきたいがPerfumeの音楽性が嫌いとか彼女たちの存在を真っ向から否定しているわけではありません。Perfumeがアイドルだからと言って下に見ているつもりもありません。

Perfumeの音楽は素直にカッコいいと思うし、既存のアイドルが成し得なかったフェスに参加しての破竹の勢いはすごいの一言。

 

そんな、カッコよくてすごいPerfumeだけど、ここまでロックファンの心を掴む理由は本当にわからない。

そりゃロックファンがアイドルを好きになったってかまわない。自分だってそうだし。

でもPerfumeに対するこの熱量はなんなんだっていつも思う。

 

ロックバンドに対する熱量と変わらない情熱がそこには存在している。

 

 

Perfumeの音楽性について

Perfumeのやっている音楽はジャンル的にいえば「テクノポップ」。

 

音だけ抜き出して考えてみればロックファンが食いついてもおかしくはないジャンルだ。その「おしゃれさ」や「かっこよさ」は世の音楽通を唸らせるほどポテンシャルは高い。アイドルの風貌でマニアックな音楽を表現しているという点ではかなり尖っていてロックな香りがプンプンする。

 

でも彼女たちは自分たちで曲を作っているわけではない。すべてプロデューサーの中田ヤスタカが作っている。

 

やはり自作曲ではない時点で少なくとも楽曲に関して言えば"やらされている"わけだ。たとえ楽曲自体がゴリゴリのロックだったとしてもそこにロックは感じられない。ダンスという武器があったとしても到底ロックファンに訴求できるとは思えないのだが。

 

この点に関してどうしてロックファンは違和感を覚えないのか?こうして出来上がった"作られた曲"にどうしてあそこまで熱狂できるのか。

 

 

Perfumeの活動について

 

Perfumeは、先でも触れたがロックフェスにガンガン参加している。

アイドルがロックフェスに乗り込むといった様相はたしかにロックだ。

自分たちとは全く違うフィールドで自分たちだけのパフォーマンスをする。うん、普通に考えればかっこいいよ。

 

でもロックバンドを差し置いて、アイドルのPerfumeがロックフェスで一番の集客率を誇っていたりする。これは普通に考えておかしくないですか?

 

だってロックフェスなんだもん、ロックバンドが主役になるのが当然じゃないか。時代の流れと言ってしまえばそうなるし、アイドルに勝てないロックバンドが情けないと言われればその通りだ。

でもロックファンというか音楽ファンとして、私はそれが一番悲しい。

 

こうしたダンスユニットを脅威に感じたからこそ、絶対地上波のテレビには出ない横山健がMステとかの地上波に出てバンドや楽器の素晴らしさを広めたいって言ってたんだよ。健さんみたいなバンドマンもっと出てこい。マジでロックが終わってしまう。たのむよ。

 

 

Perfumeの口パク問題

いまさら言うまでもないがPerfumeのライブでは口パクが当たり前になっている。

 

 

Perfumeの口パクについてはたびたび論議がなされてきた。

別にアイドルの口パクが悪いわけではない。純粋なアイドルなら全然ありだと思う。それにあれほどのダンスを踊りながら歌までこなすとなると相当なスキルが必要になるし。

 

でもPerfumeというアイドルユニットはロックフィールドに足を踏み入れているわけで、普通のロックファンなら、口パクでパフォーマンスされたら嫌悪感を示すのではないか。

 

ロックフェスでアイドルが出てきて、全曲口パクでパフォーマンスされたら、単純に「ダセェ…」ってならないのかな。まぁフェスの解放感とか一体感とかも関係してくるとは思うけど、可愛くてダンスが凄かったら何でも許されてしまうのか。

 

「あれだけのダンスが躍れて(上手くないとしても)歌まで歌ってる!Perfumeってかっこいいよな!」だったらわかるんだけど。なぜそれが認められているのか本当に理解できない。

 

 

さまざまなメディアで”ダンスが素晴らしい”から口パクを容認しているという記述をさんざん読んできたけど、それはたぶん純粋なPerfumeファンの意見だと思う。

 

仮にロックファンがPerfumeのダンスを崇拝していて、あまつさえそこにロックを感じるというのならもう何も言えないが。

 

 

Perfumeのファンになる心理

 Perfumeには既存のアイドルにはない魅力がたくさんあったからこそ、多くの人を虜にしてきたのだろうし、今の活動形態が続けばその人気は当分衰えることはないだろう。

 

今でこそアイドルも音楽性で勝負する時代になった。(私としては単純に顔でも勝負してほしいが)

 

アイドルは「中身のない歌を歌う集団」で、そんな「いわゆるアイドルを好むドルオタとは違う」という思想の持ち主がPerfumeファンになったのではないだろうか。(もちろん単純な可愛さとか曲の良さでPerfumeファンになった人もいると思うけど)

 

こうやって考えてみるとロックファンがPerfumeにハマる気持ちは理解できるけど、あそこまで熱狂するのはやっぱり理解できない。