のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

好きでロックを聴いているなら楽器の音ぐらい聴き分けてくれ

ロックにおけるギター,ベース,ドラム

現在「ロック」という音楽ジャンルはかつての歌謡曲のような市民権を得ている。

ロックフェス文化も人々の生活に溶け込み、レジャーとして参加する人も少なくない。

ロックという存在自体が、もはや国民的娯楽といっても差し支えないのではないだろうか。

 

 

かつては不良の音楽だったロック

不良、もっといえばツッパリとかヤンキーの象徴として忌み嫌われる存在だったロック。でも今はどんな真面目な奴でもロックを聴く。

いまの世の中いるかわからないが黒縁メガネの勉三さんみたいな中高生でもきっとロックを聴いている。

 

かつてはギターを持っていようものなら「あいつは不良だ」と後ろ指をさされていたらしい。いまじゃ某軽音楽部アニメの影響もあったりしてロックと無縁そうなかわいらしい女の子でもギターを手にしバンド活動していたりする。

 

ロックに興味を持つ人間が増えることは、ロックファンとしては素直にうれしい。

・・と同時に広く一般化しすぎたロックに寂しさを覚えるのも事実。

 

それはロックというものが常に尖った存在でいてほしいと願うからであり、触れたら火傷してしまう、そんなヒリヒリした緊張感みたいなものをロックにはいつまでも感じていたいからだ。

 

とはいえこうした古い習慣や閉鎖的なコミュニティでは文化としていつか衰退してしまうしそこら辺は難しいところ。

 

・・・うん。

 

 

いろいろ御託を並べましたが小難しい話はここまで。

 

今回はこれだけ言わせてください。

 

 

ロックが好きなら楽器の音をもっと聴いてくれ

何かの縁でせっかくロックが好きになって好きなバンドが出来たんだったら、せめて好きなバンドの曲くらいもっと掘り下げて聴いてほしい。

 

というのも、ただなんとなくカッコいいからロックを聴いているとか流行っているからロックを聴いているという知人が過去に多かったからだ。ようするにファッションの一環。

もっとひどいのになるとライブで暴れたいがためにロックを聴いてるとか。そんなのはちゃんちゃらおかしい。

 

正直音楽の楽しみ方なんて人それぞれで、リアルの世界で私が介入する余地はないし大きなお世話だ。

 

でも自分の正義がまかり通る自分のブログの中だけはせめて言わせてほしい。

 

 

もっと音を楽しんでくれ

 

"音楽"って読んで字のごとくだけど、元々「"音"そのものを楽しむ」ためだったり「”音”そのものを楽しんだ」結果、発展してきた文化なんじゃないのかな?

音楽の歴史についてはわからないことが多いから誤った認識だったなら申し訳ないけど、そんな考え方っておかしいですかね?

 

ロックに限ったことじゃないけど、曲を聴いてなんとなく「良いな」と思って聴き続けているというのも音を楽しむという点では間違いではないけど、さらに音楽(ロック)を楽しむため、さらに好きになってもらうためにこんな聴き方を提案したい。

 

 

 とにかく楽器の音をもっと聴いてほしい

 

正直楽器に興味がなければ、いま鳴っている音がギターなのか、ベースなのか、鍵盤なのか分からないかもしれない。(・・・さすがにドラムはわかるかな)

 

ましてやロックなんて言うジャンルは、基本的にギター、ベース、ドラムの編成なんだから最低限この三つは聴き分けてほしい。そうすることで楽曲の持つカッコよさは何倍にも膨れ上がるはず。

好きなバンドがどういう音を出しているのかある程度わかってくると、そのバンドのこともっと好きになれますよ。今よりもさらに感動出来ますよ。

 

 

こうした「楽器を聴き分ける」という作業は、特に「ボーカルの顔がカッコいい」という理由だけで、たいして曲の良さを理解せずロックを聴いているスイーツ女子などにはハードルが高いかもしれないけど、ぜひ一度トライしてもらいたい。

 

別にロックの本質に迫れとか難しいこと言ってるわけじゃない。

世の中にたくさんある音楽ジャンルの中で、単純に"ロックバンドの音"ってカッコいいんだよってことが言いたいだけ。

 

ロックを心から愛する私としては、昨日までロックを知らなかった人間がロックに出会うきっかけはなんだっていい。

 

・ボーカルの顔が良かったから。

・アニメのタイアップでノリが良かったから。

・好きな人がロック好きだったからその影響。

 

 

別になんだっていい。

 

でもせっかくロックの世界に足を踏み入れたのだから、

 

「イントロのリフやべーな!ご飯何杯でも行けるわ!」

「ベースのうねりきもちぃー!腹にくるー!」

「ここのドラムどうやって叩いてんの!?人間じゃねーなこれ!」

 

みたいな感動を一度は味わってもらいたいし、ロックのことをもっともっと好きになってもらいたい。

ロック好きの同志としては心からそう想います。