のりオト

音楽関連のコラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。

のりオト

LiSA アニソンへの偏見
BABYMETALはメタルかアイドルか
アーティストのスキャンダル
King Gnuが売れた理由
かわいい女性アーティスト
マイナーな邦ロックバンド
邦楽ロックのアイドル化
ロックの定義
好きなバンドを否定される

【スリーピース】3人組 邦楽ロックバンドのおすすめ「オルタナ編」【日本】

スポンサーリンク

筆者はスリーピース(3人組)のロックバンドが大好きである。

 

スリーピースバンドは、ギター、ベース、ドラムというコンパクトな編成ながら、ロックの持つ熱量をシンプルかつダイレクトに表現してくれる存在。比較的少ない音数ながらも、それをまったく感じさせないスリーピースバンドたちに、私はいつもワクワクさせられる。

 

 

ライブでの佇まいもスリーピースバンドならでは。

 

バンドアンサンブルが一体となるその空間は、まさに奇跡のトライアングルと呼べる。

 

 

 

 

スリーピースロックバンド(オルタナ編)のおすすめ

ACIDMAN(アシッドマン)

1997年埼玉で結成。

 

当初は4人組だったが、ボーカル脱退により大木伸夫がボーカルを兼任、及び作詞作曲も担当するようになった。

 

 

ACIDMANの音楽性は「静と動」とよく表現される。

 

激しいロックナンバー、しなやかなバラードナンバーどちらもACIDMANの真骨頂であり、一曲の中にも巧みに緩急をつけたACIDMANらしい個性的な楽曲が特徴。

 

大木伸夫の紡ぐ独特な歌詞も見逃せない

薬剤師免許を持つこともあってか「コロイド」「シナプス」など、化学的・生物学的な単語も多く用いられる。

 

また「サールナート (仏教の八大聖地の一) 」「イエス」「ルルド」などの宗教用語や「ノルド」「ハルシュタット」などの古代ヨーロッパ文化関連用語、「天霧らふ」「心泣(うらな)く」「ゆくらゆくら」などの古語も用いられている。

出典:wikipediaより

 

 

大木伸夫のハスキーでエモーショナルはボーカルは聴く者をACIDMANの世界へ引き込んで離さない。

ACIDMAN - 新世界

 

ACIDMAN - ALMA

 

 

この2曲がACIDMANのもっともベーシックなスタイルと言えるだろう。

 

これらのスタイルを元に様々な表現にチャレンジしているACIDMANだが、近年はストリングスの導入など、新たにスタイルの幅を広げている。

 

だが、根底に有るのはギター、ベース、ドラムのシンプルなサウンドであり、現在もそれは一貫して変わらない。

 

 

 

このベストアルバムでACIDMANの辿ってきた軌跡が見えるはず。

静と動を巧みに操るACIDMANサウンドに酔いしれてほしい。

 

 

FUZZY CONTROL(ファジーコトロール)

2003年結成、同年CDデビュー。2015年活動休止を発表。

 

 

15歳でギタリストとしてデビューしていたボーカル「JUON」の呼びかけで結成。

 

ドラムは「手数王」の異名を持つドラマー「菅沼孝三」の娘である菅沼知子(SATOKO)。結成時のメンバーは他に、現RIZEのkenken(金子賢輔)の名前もあった。

 

その後、諸事情でkenkenが脱退するとオーディションにてJOEが加入。

 

 

 

和製レッチリと呼ばれることもあったファンクなスタイルが特徴だが、ストレートなパンクナンバーからスケールの大きなアメリカンロックまで難なくこなす、メンバー個々の圧倒的な演奏力は他の追随を許さない。スリーピースとは思えない音圧やバンドアンサンブルも大きな魅力。

 

 

その高い演奏力ゆえサウンドに注目されがちなバンドであり、洋楽志向のファンも多かった。しかしキャッチーな歌メロのおかげで親しみやすさは抜群である。

FUZZY CONTROL「latest」

 

 

「ROCKS」の名の通りロックにこだわったサウンドを聴かせてくれる名盤。

これ一枚で多種多様なロックの世界が堪能できる。

 

 

Syrup16g(シロップじゅうろくグラム)

1996年に結成、2008年に解散するも

2014年6月27日に再結成を発表し現在も活動中である。

 

 

「鬱ロック」と称される極めて内向的な詞の世界が特徴。

その湿っぽい世界観は「陰鬱」と形容するのがぴったり。

 

そうしたSyrup16gの世界は、作詞作曲を担当する五十嵐隆(ボーカル/ギター)のパーソナリティに起因するが、彼を見ていると本当に危なっかしいという感情が沸いてくる。

ふとしたことがきっかけでこの世からいなくなってしまいそうな儚さを感じるのだ。

 

普段の佇まいはロックンローラー然としていてかっこいいんだけどね。

 

 

 

サウンド自体はシンプルで聴きやすいが、前述のようにSyrup16gの表現する世界はあまりにも暗すぎるので、精神状態によっては鑑賞するのが困難になるほど。

 

 

しかし、ある一点に振り切った芸術だからこそ、

受け手の心に深い爪痕を残すことができたのだろう。

 

 

 

 

椿屋四重奏(つばきやしじゅうそう)

2000年宮城県で結成されたオルタナティブロックバンド。

2011年解散。

 

ちなみに2006年〜2010年はギターが在籍しており"四重奏"になったが結成時と解散時はスリーピースだったので今回選出することにした。

 

 

 

私の中でエモいオルタナといえば椿屋四重奏である。

 

 

変拍子を取り入れた複雑な演奏に和のメロディをぶち込んだ超個性的な楽曲で、活動時には「艶ロック」と呼ばれていた。

 

フロントマンである中田裕二が完全にイニシアチブをとるバンドだが、彼の圧倒的なカリスマ性、ギタリスト顔負けのプレイは凡百のバンドと一線を画していると思う。

 

 

中田裕二のルーツは、

CHAGE and ASKA

安全地帯

THE YELLOW MONKEY

ORIGINAL LOVE

椿屋四重奏は上に挙げたような歌謡曲チックでメロディアスな楽曲が特徴。

 

 

歌詞の内容は多岐に渡るが、大人の恋愛を描くことが多かった。

 

ストレートに表現するならドロドロしていてエロい。

そんな歌詞がたまらなく好きだった。

昼ドラのような日本ならではの、ジメッとしたあの感じである。

 

 

楽曲は申し分ないクオリティで、ボーカル中田裕二のルックスも良く、バンド全体としての個性も際立っていた。総合的に売れる条件は揃っていたと思うがイマイチ売れなかったのは個人的に未だに謎である。歌詞の世界観が悪かったのだろうか。

椿屋四重奏 - 恋わずらい

 

 

 

 

スリーピースロックバンドのおすすめ(オルタナ編) まとめ

というわけで、オルタナティブロックのジャンルに絞り、スリーピースバンドをいくつか紹介してきた。

 

こうしてまとめることで改めて感じることが出来たが、音数の少ないスリーピースという形態だからこそ、メンバーのパーソナリティが際立つのだと再確認できた。また気になるバンドがあれば追加していきたいと思う。

 

それではまた。

 

 

こんな記事も書いています

 

 

 

 


Hatena

Feedly