のりオト

音楽関連のコラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。

のりオト

LiSA アニソンへの偏見
BABYMETALはメタルかアイドルか
アーティストのスキャンダル
King Gnuが売れた理由
かわいい女性アーティスト
マイナーな邦ロックバンド
邦楽ロックのアイドル化
ロックの定義
好きなバンドを否定される

【V系】ヴィジュアル系はこんな人でも好きになる 独特な世界にハマる心理

スポンサーリンク

日本にはさまざまな音楽ジャンルが存在する。その中には、ファンでなければ到底理解できない物もあるが、ヴィジュアル系(V系)はその最たる例だろう。

 

 

ヴィジュアル系は、その音楽性やコンセプトを含めた世界観が独特だが、それと同列に語られるほどバンギャと呼ばれるファンの存在もまた独特である。

 

 

昨今の邦ロックをはじめとする、ごく一般的な音楽好きならハッキリ言ってキモいと感じているだろうし、「何であんな音楽聴いているの?」と思っているに違いない。

 

バンギャヴィジュアル系にハマる心理は、ネット上でも度々話題になるのだが、先日心理学の偉い先生がV系バンギャの深層心理」と題しアツく語っているのを発見した。それ以外にもバンギャ座談会のようなもので彼女たちの生態を知ることが出来る。

 

筆者はそれらすべてに目を通してみたが、結局世間が抱くバンギャのパブリックイメージを掘り返しているだけでまったく面白みがなかった。

 

 

まぁ読み物としては、誰もが想像するバンギャらしさをピックアップした方が面白いのだろうが、当稿では個人ブログの強みを活かし、大手メディアが取り上げないファンの生態を語ってみたい。

 

 

というのも、筆者のパートナーが元バンギャだったため、少し内情に詳しいのだ。数年前にバンギャを引退しているので情報としても鮮度はあるかなと。狭い世界の話かもしれないが、こんな人でもヴィジュアル系にハマるというのをお伝えできれば幸いである。特にヴィジュアル系に偏見を持っている人に読んでもらいたい。

 

 

スポンサーリンク

 

ヴィジュアル系を好きになる心理

まず大まかに、どんなタイプの人間がヴィジュアル系を好きになるか挙げてみよう。

 

・化粧をしているバンドマンが好き(顔ファン)
V系を取り巻く世界観が好き(メンヘラ)
・曲が好き(音楽バカ)

大きく分ければこの三点になる。

 

 

化粧をしているバンドマンが好き(顔ファン)

まずはこの項目だが、特筆すべきことはない。ここに該当するヴィジュアル系ファンは、アイドルに対するドルオタとほぼ変わりはない。推しメンに会いたいがためにライブに通い、メンバーのためにグッズを購入する。どちらかと言えば世間のイメージするメンヘラといった類いの人間ではない。

 

 

 

V系を取り巻く世界観が好き(メンヘラ)

ヴィジュアル系は独特だと上述したが、その要因は、退廃的なイメージによるものだ。嫌いな人はとことん嫌う歌詞の世界や衣装の奇抜さなど。極めてドロドロとした世界観は心を病んでいるファンの琴線にガンガン触れていく。

 

 

 

 

。。。というのが大手メディアが取り上げるイメージではないだろうか。実際、バンギャはそういう物だと認識している人も多いはず。

 

 

だがこれは半分間違いで、退廃的な物が嫌いなバンギャもいる。要するにメンヘラばかりではないということだ。顔ファンの項目でも触れたが、意外にメンヘラのファンは少ないらしい。中には量産型邦ロックが好きなバンギャもいるようで、それには大変驚いた。一昔前なら、「村社会」のようなコミュニティを形成し、外部との接触を避けるのがバンギャであったが、現在は以前よりは開かれた世界になっているのだ。

 

 

それを裏付けるような、ジャーニーズアイドルばりに、キラキラしたヴィジュアル系バンドもいる。ドロドロとしたV系など過去のものだと言わんばかり。そういったバンドは、文字通り「キラキラ系」というジャンルで活動しており、新しい文化を形成していると言えるだろう。

 

 

スポンサーリンク

 

曲が好き(音楽バカ)

ヴィジュアル系バンドの曲が好きで、その世界にハマっていった者たちのこと。

 

 

要するに筆者のことである。

 

 

過去にこんな記事を執筆するほど、ヴィジュアル系は思い入れのあるジャンルだ。 

当ブログではメタルの話題ばかりだが、非メタル系V系バンドも数多く聴いており、音楽的には並みのバンギャより何倍は詳しいと自負している。

 

 

男性でこれほどV系を聴き込んでいる人間がどれだけいるか分からないが、全音楽リスナーからすれば、ごく少数ではないだろうか。そういった意味での「音楽バカ」である。

 

 

 

そして、今回このテーマで記事を執筆した理由は、V系の楽曲に対する偏見をなくしたいと思ったからだ。

 

ヴィジュアル系にハマる人の心理

出典:Yahoo知恵袋

これはYahoo知恵袋の引用だが「ヴィジュアル系を好きになる人の心理は?」に対する回答だ。

 

アイドルの件は同意だが、ヴィジュアル系に対しまだまだ偏見の目で見られてる。 サウンド志向の人間は曲で判断する」といいながら、こういうことをドヤ顔で言ってしまうタイプの多くは、ヴィジュアル系の曲を聴いて判断することをしない。

 

聴く前から劣っていると決めつけ、自分の聴いている音楽こそ至高だと勘違いしている。なぜ支持する人間がいるのかも考察しない。だから、楽曲からファンになるわけがないと思っている。おそらく「アイドルを好きになる人の心理は?」と訊いても同じような回答をするだろう。要するに思考が止まっているタイプの音楽バカだ。月並みな意見を述べるくらいなら、いっそキモいから嫌いだと言われた方がましである。

 

 

ヴィジュアル系は様々な理由でハマっていく人がいるが、音楽に感銘を受ける人間がいることも理解してほしい。

 

 

 

筆者がなぜヴィジュアル系にここまで入れ込んでいるのかというと、普段から洋楽メタルを聴いており、その延長のような感覚なのだ。

 

近年のヴィジュアル系バンドの演奏力の高さは目を見張るものがある。プログレメタル/ジェントなど人間離れしたプレイを軽々演奏できるプレイヤーが育ってきた。海外のメタルミュージックと同じ感覚で聴けるレベルに到達している。

 

国産メタルは良質な新人がなかなか出てこないので、幅広く聴こうとすると、どうしてもヴィジュアル系にぶち当たってしまうというだけ。

 

 

だから本当に「音」ありきで聴いているため、メンバーの顔はもちろん、どういったコンセプトで活動しているか等、曲以外の要素はどちらでもいい。メンバーがブサイクでもデブでもハゲでも問題ない。 

 

 

 

それはおまえが男だからだろ

 

と思っただろうが、バンギャの中にも見た目ではなく曲のみに惹かれる者もいる。さすがに筆者ほど極端ではないだろうが。 

 

 

ヴィジュアル系はこんな人でも好きになる まとめ

というわけで、ヴィジュアル系にハマる人間について語ってきた。

 

パブリックイメージから少し論点をずらして例を挙げてみたが、好きになる理由は様々でV系ファンを一纏めに出来ないことが分かっていただけただろうか。

 

ただ、自分を含めた周囲にたまたま居なかっただけで、古いタイプの「バンギャ」もまだまだたくさん存在していると思われる。

 

ヴィジュアル系という文化自体もそうだが、ファンに対する偏見も今後しばらく続くのだろう。いつの日か、邦ロックと同列に語られる日が来ることを願っている。

 

それではまた。

 

 

こんな記事も書いています


 


Hatena

Feedly