のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【ワンオク嫌いに捧ぐ】ここがヘンだよONE OK ROCKアンチ

ONE OK ROCK。いまや世界を股にかけて活躍するモンスターバンドに成長した彼らだが、異常なほどアンチの数が存在しているのをご存じだろうか。

 

まぁ人気が絶大であるがゆえにアンチの数も比例して多くなるのは何も音楽業界に限ったことじゃないので、その点では理解できるけどなぜここまで嫌われているのか私には理解できない。

 

最初に断っておくと私はワンオクのことが好きでも嫌いでもありません。アルバム「35xxxv」までは聴いていました。残響リファレンスは名盤だと思います。CDはすべて知人に借りたものです。そんな程度のワンオクリスナーだとお考えください。

 

今回は一音楽ファンとしてなるべく中立の立場でワンオクアンチに対する考えを述べていきたいと思う。

 

ONE OK ROCKのファンが嫌い

普段からネットで音楽メディアをちょくちょくのぞいているんだけど、その際ワンオクの嫌いな理由を考察している個人ブログをいくつか拝見した。やっぱり目立ったのはファンのマナーが悪いってやつかな。所謂「OORer(ワンオクロッカー)が嫌い」っていう意見。

 

たしかに彼らのライブでの振る舞いやSNS上での態度は最悪ですけど、多感な時期に音楽にハマったお子様なんて所詮あんなもんでしょ(自分も似たようなもんだったし)、ハードコアとかパンク系のライブだってベクトルは違えどファンの態度はたいがい酷いもんです。

 

 

ちょっと違うかもしれないけど一昔前なら、「洋楽聴いてる俺かっけー」みたいな感じじゃないですかね。周りは歌謡曲しか聴いていない中、自分は洋楽を聴いているカッコいい存在なんだ、周りとは違うんだ みたいな。

 

"ONE OK ROCK"という絶大な人気を誇る存在のファンである自分自身も、ワンオクと同じように大きな存在だと勘違いしているというか。ファンの数が多いのも問題でしょう。最近の若年層ロックリスナー全般に該当しますが無駄に連帯感が強かったりしますし。そういった諸々の要因も重なりワンオクを笠に着て傍若無人な態度がとれるのだと思います。

 

たしかに音楽に無知な馬鹿過ぎるファンは見ていて腹が立ちますけどワンオクの音楽性や存在まで否定するというのは間違っているのではないかと。

 

腹が立つと言えば、SNSでのマナーはアンチも相当な輩っぷりで腹が立ちます。馬鹿なOORerを晒しあげてアンチが総動員で叩くという、やっていることは違えど頭のデキはファンもアンチもそこまで変わらないし、どちらにしても見ていて気持ちのいいものではありません。

 

ワンオクが売れ過ぎているから、相対的に馬鹿なファンの数も増えるわけで、結局どのバンドにもああいった輩は一定数存在している。加えて、今はネットのせいで余計そういったOORerが目立つだけで、キッズの本質というのはそこまで変わっていないと思う。

 

一部の心無いファンのおかげでファン全体の評価が下がってしまうのは本当に悲しい。ファンでもない自分がそう思うのだから善良なワンオクファンの心中お察しします。

 

 

ONE OK ROCKの音楽性ってどうなの

ワンオクの音楽性もアンチの槍玉に挙げられる。洋楽の焼き回しだとかなんちゃらかんちゃら、、早い話がパクってんじゃねーのってやつ。知恵袋でもそれ系の質問がわんさか投稿されている。

 

結論から言えばあんなのは完全にパクッてますよ。今はどうかわからないけどYoutubeでも検証動画がアップされてたくらいだし。

 

こればっかりは個人の感覚で違ってきますけど私はパクッてようがカッコよければそれでいいと思っています。パクリといっても1曲丸々パクッているわけではないし。そんなことに目くじらを立てていたら、既聴感アリアリな「メタル」というジャンルは聴いていられません。

 

かのB`zでも同じくパクリ論争が長らく繰り広げられていますが、あれと一緒だと思います。結局は「パクってるくせに売れやがって!」という僻みなんじゃないでしょうか。

 

私としてはパクリというかフレーズを多少拝借している部分も含めて音楽として楽しんでいるのでパクリ路線でもなんら問題はありません。似たような楽曲があるのならオリジナルの楽曲も知れて一石二鳥ですし。

 

 

ONE OK ROCKは親の七光り

ワンオクのTakaは今更言うまでもないが森進一、森昌子のご子息。アンチはここにも噛みついている。要するに、親の七光りで売れたから苦労してないんじゃねえの!と罵っているわけだ。

 

というかこんなこと普通に考えればわかるけどな。もしワンオクが親の七光りでここまで売れたのならDragon Ash(降谷建志)も古谷一行のおかげで大きく売れたことになる。そのレベルでナンセンスな話だと思う。

 

ワンオクがデビューした当時、両親の名前は一切出ていなかったし、そう言われるのが嫌だから地道に頑張ってきたと何かで読んだ記憶もある。

 

知名度といえば、ワンオクはアイドルバンドと揶揄されることもある。たしかにTakaは元ジャニーズだから、そこら辺のバンドマンと比較すれば多少は知られた存在だったかもしれない。他のメンバーも過去に芸能活動していたようだ。でもそれをアピールして活動していたことはないし両親の件も含め完全に言いがかりではないか。

 

そもそも活動初期に、ある程度の知名度があったとしても、ここまでビッグネームになるには相当の努力が必要になる。仮に「森夫妻の息子がデビュー!」と大々的に宣伝されたとしても、努力以外に彼らのセンスや行動力があってこそ今の地位に上り詰めることが出来たのだと思う。当然事務所の力もあるだろうがコネだけでやっていけるほど音楽業界は甘くない。

 

 

嫌いなのになぜ関わろうとするのか

 

ワンオクアンチに限らず「アンチ」というものは不思議なもので嫌いなら関心を示さなければ良いのに、自らいばらの道に突っ込んでいく。嫌いなものに接していたら苦しくなるはずだが本当に不思議だ。

 

ネットに繋がっていればワンオクレベルのバンドなら目にすることも多いので、完全に情報をシャットダウンするのは困難だが、たまたま見つけた情報にもアンチは興味を示す。そして得た情報を元に各種媒体でネガティブキャンペーンを繰り返す。

 

嫌いであるはずのワンオクに自分の大切な時間を使ってそんなことするなんて、ネガキャンだろうが何だろうが、今の時代ネットで話題になった時点で良くも悪くも名前が拡散されるわけで、それはもう一種の宣伝活動だよ。

 

 

アンチというのは「アンチ」という名のファンなんだと最近思うようになった。

 

 

アンチの生まれる背景

様々な理由でアンチになってしまうと考えられるが、その多くは嫉妬によるものだと思う。自分の嫌いな存在が大衆に持て囃されていれば気分が悪くなり嫉妬してしまうのは当然だ。その結果で生じたストレスを何らかの形で発散するためアンチ行動に走るのだろう。

 

ワンオクの場合はファンに対する態度も問題があったようだ。一時期話題になったインスタグラムでの日本のファンを軽んじた炎上発言。その結果多くのファンが離れたようだ。ファンを辞めるだけでなくアンチになってしまった元ファンも大勢いただろう。

 

 

このようにアンチになるにはそれ相応の理由があるのだろうが、結局はワンオクが売れているから嫌いなんですよね。これは間違いない。EXILEだって全く売れていなかったり、そもそも知られていなければアンチもここまで増えるわけがない。

 

どちらにしてもロックバンドが音楽以外で評価されるのは悲しいですね。

 

 

ワンオクアンチに言いたいこと

 

「アンチ行為なんて無駄だからやめろ」

 

これはワンオクのファン目線で言っているわけではない。私は特にワンオクのファンというわけではないので、ワンオクが今日解散しようが構わないしどうでもいいし。新譜が聴けなくなっても悲しくもなんともない。

 

 

でもさアンチがいくら頑張ったところでワンオクの人気は今更揺るがないでしょ。仮に多少人気が落ちたとしてもメディアから完全に消えることなんてありえない。つまりアンチの目の前からワンオクが消える日は来ないということ。

 

そう考えたら無駄じゃない?アンチ行為をしている時間が無駄に思えてこないかな。まぁワンオクを本気で潰すためにアンチをしているわけではないと思うけど、たいして状況が変化しないことに時間を費やすのは愚の骨頂だ。それが好きなことならまだ理解できるけど。

 

その時間を使って好きなバンドの曲を聴いていた方が精神衛生上はるかに良い。好きなバンドのメンバーだってその方が絶対うれしいはず。仮に自分がバンドのメンバーだとしてさ、自分らのファンがネチネチ他バンドの悪口言ってたら嫌でしょ。

 

 

別に嫌いなものを受け入れろと言っているわけでない。嫌いなら嫌いでいい。それが人間の感情というものだし。せめて目を背けて生きろと言いたいだけ。嫌いなものに突っかかったって誰も得しないよ。実際自分自身が一番つらくなるだけ。

 

私が言いたいのはそれだけです。

 

 

まとめ

ロックというジャンルが広く一般化されすぎてしまってロックバンドがタレントやアイドル化している昨今、何か話題があればマスコミが面白おかしくニュースにするので純粋に音楽だけで評価されない時代なのかもしれません。

 

だからこそロックバンドというものを偶像化せず、一線を引いて純粋に音楽だけを楽しめればアンチ行為なんて無駄なことに時間を使うこともなくなると思います。

 

 

特に若い頃というのは好きになったら周りが見えなくなるのが当然で逆も然り。嫌いになればとことん嫌いになるものです。それは分かるけど、見える世界が全てと考えず視野を広げて音楽を聴いてほしい。

ロックリスナーすべてが純粋に音を楽しめるような環境になれば最高だと思う。