のりオト。

のりオト

音楽コラムやCDレビューなど音楽中心の雑記。たまに信長の野望201Xの話題も

【ベイエリア・スラッシュ名盤】 TESTAMENTなど 死ぬまでに聴いておきたいスラッシュメタルをおすすめ!

スラッシュメタルを他人(そこまで親しくない人)にすすめるときとりあえず四天王を推しておけば間違いはないと思っています。

 

そんなですが親しい人にだけおすすめするのはベイエリアスラッシュ勢。

 

ベイエリアクランチとも呼ばれるそのジャンル、完全に独断と偏見ですがベイエリアスラッシュにはスラッシュメタルというジャンルの持つカッコよさや様式美のすべてが詰まっていると思うんです。

ギターやドラムの音作りであったり曲の構成であったり、そのすべてがまさに芸術と呼べる域にまで達していると思い込んでいます。

 

世の中に音楽のジャンルがいくつあるかわかりませんが本当にベイエリアスラッシュというジャンルに出会えて本当によかったと心から思っている今日この頃。

 

 

このベイエリアスラッシュ、有名どころでは、EXODUS(エクソダス) METALLICA(メタリカ) がいますよね。

 

METALLICAに関してはメタルを聴かない一般リスナーまでもが普通に聴くという驚異のモンスターバンドに成長してしまいました。今回はそういった超メジャーなバンドは当たり前すぎるので割愛させていただきますね。

 

 

ではでは、前置きが長くなりましたが死ぬまでに一度は聴いてみてほしいベイエリアスラッシュの名盤紹介いってみましょう^^

 

ベイエリア・スラッシュの名盤はこれだ!

それではここから各バンドごとにそれぞれおすすめの名盤を紹介していきたいと思います^^

 

 Testament(テスタメント)のおすすめ名盤

まずはこれ↓このアルバムほんと好き

Brotherhood Of The Snake(2016)

 

 

 

言わずと知れた超有名バンドTestament。

ベイエリアクランチと言えばTestament。

 

こちらのバンドかなりのベテランで知っている方も当然多いはずです。メタルビギナーの方ならともかく生粋のメタラーなら絶対通っています。「いまさら紹介されても…」という感じかもしれませんが、私自身が好き過ぎるのであえて紹介しちゃいます。

 

というか実はTestamentが一番好きなスラッシュメタルバンドだったりします。声とリフが自分の好みでドンピシャにはまってるんですよね。もちろん曲で言えばもっとかっこいいバンドは星の数ほどいるかもしれません。

 

だけどTestamentというのはバンドとしての佇まいであったり世界観が唯一無二で、

ベテランなのにアルバムを出すたび何倍もカッコよくなっているのは驚愕です。予想できないリフや曲構成の枯れないアイデアにも脱帽ですし。(長く活動しているバンドほど曲がつまらなくなっていきませんか?)

 

大病に打ち克ったVo.チャック・ビリーの魂の咆哮も心に響いてきます。まぁとにかく男が漢に惚れるってやつです(笑)

 

で、この「Brotherhood Of The Snake」というアルバムなんですけど

本当に(x100)捨て曲がなさすぎて参ってしまいます。

全曲カッコよすぎて痺れまくって死ねます。

こんなにカッコいい音楽が存在して良いのかというくらい(大袈裟すぎ)

 

 

Testamentはマイフェイバリットですので当然1stから聴き込んでいますが、曲単位で言えば「D.N.R」という曲が自分の中では絶対王者スラッシュメタルのマイランキングでも5位以下になったことはまずありません。

 

そんな1000回以上聴いても飽きないくらい好きな曲なので

↓「D.N.R」が収録された以下のアルバムも当然おすすめ。

 

 

 

ただ、人様におすすめすることを考えると全体的な完成度が高すぎる「Brotherhood Of The Snake」が絶対カッコいいはず。1曲目からラストトラックまでこれぞベイエリアクランチという気概を見せてくれてます。徹頭徹尾純度100%のベイエリアスラッシュメタルです。

 

オープニングを飾るタイトルトラック↓

ブラザーフッド・オブ・ザ・スネイク

ブラザーフッド・オブ・ザ・スネイク

  • Testament
  • メタル
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes

 

 

これを聴いて何も感じなければベイエリア系は合わないかもって断言できるほど。それくらい文句なしの出来なので死ぬまでに絶対聴いてください。有名すぎてスルーしてる方がいるかもしれませんが後悔させません。

 Brotherhood Of The Snake(2016)

 

 

 Heathen(ヒーゼン)のおすすめ名盤

次に紹介するHeathenというバンドはちょっとマイナーかもしれませんがベイエリアスラッシュを愛聴する方には名の知れたスラッシュメタルバンドです。

 

実はこのHeathen、1991年に一度解散というか活動停止しています。紆余曲折あって2001年に活動再開し現在も活動していると思います。

 

 

気になる方はwikiをご参照ください<(_ _)>

ヒーゼン - Wikipedia

 

Heathenは派手さはないもののスラッシュメタルの基本に忠実というか、メタルという荒々しさの中にも非常によくまとまとまっていて優等生というイメージ。

Heathenの音楽性についてはwikiにも記載がありますがベイエリア・スラッシュの中にパワーメタルの要素がふんだんに入っていて同じベイエリア勢の中では異質な感じかも。ボーカルは特に高い声が出るわけでもなく、激ウマでも音痴でもないので、悪く言えば平凡なのですが、不思議と印象に残る声質で自然と楽曲に溶け込みHeathenの個性を作り出しています。

 

活動停止していた時期が長かったため、活動年数に対してリリース数が少ないのが寂しいですがどのアルバムもクオリティが高く手抜きとは一切無縁で、ほんと丁寧に作られている印象。

 

 

そんなHeathenのおすすめはこれ↓

The Evolution of Chaos(2009)

 

活動再開し18年ぶりに発売された3枚目のアルバム。こちらも良い意味で変わらない古き良きスラッシュメタルを聴かせてくれています。

 

久しぶりに発売されたアルバムですので、当然音の方は多少現代風にブラッシュアップされてますけど、音楽性は何の変哲もない普通のスラッシュメタルです。パワーメタルの要素が入っているとはいえ、これは正真正銘スラッシュメタルと呼んでもいいでしょう。

 

でもそれこそがHeathenをおすすめしたい理由でもあって、高いクオリティでオールドスラッシュを鳴らせるバンドって実はなかなかいないんですよね。

 

曲は良くてもサウンドプロダクションが劣悪だったり、音は良くても現代音楽に寄せ過ぎていたり。その辺りのバランスが良いバンドってホントに見つからない。

 

自分の中でジャーマンメタルはそういった意味で粒ぞろいかもしれません。昔気質のバンドがたくさんいます。ただ、ギターの音質とかが何か自分の好みと完全に合致しない感覚があり、、、こればっかりは好みですね。

 

 

あと、Heathenというバンドはフラットな気持ちで聴けることもポイントが高いです。聴く前に気合を入れなくていいというか(笑)

 

メタルに限らずいわゆる激しめの音楽って聴く前に多少気合入れませんか?聴いた後にどっと疲れてしまうこともありますし。自分だけかもしれませんが体調が悪い時は絶対に聴けません(笑)

 

でもHeathenってサラッと聴けてしまうというか下手したら日常のBGMになってしまうくらい自分の中では歌謡曲みたいなやさしい存在。ゴリゴリのリフもやさしく聴こえてくるから不思議。ボーカルのせいなのかな。

Bloodkult

Bloodkult

  • Heathen
  • ロック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

 ね、なんか聴きやすいでしょ

 

 

決して派手さはありませんが、粒ぞろいの楽曲が揃った名盤。

ベイエリアスラッシュ好きはぜひ!

The Evolution of Chaos(2009)

 

------------------------

 

では今回はこの辺で。このエントリーはまた気に入った盤が見つかったら随時更新していく予定です。最後までお読みいただきありがとうございました。